TOP > ニュース 一覧

この”空手の形”で優勝はシブすぎる!剛柔流のシソーチンとは

フォロー 友だち追加
2024/03/30(土)UP

村山ほのか(立前橋工業高校)が決勝でシソーチン(四向鎮)を打ち優勝!(提供=JK FAN)

 3月23日、広島にて第42回全国高等学校空手道選抜大会が行われ、女子形で優勝した村山ほのか(立前橋工業高校)の演じた形シソーチン(四向鎮)に渋すぎ、珍しいという声が上がっている。
 決勝では永井天舞(日本航空高校)が打つ難易度の高いチャタンヤラ・クーシャンクーを破っての勝利だった。このシソーチンとは果たしてどのような形か。

【動画】これがシソーチン(四向鎮)の形だ!解説付き

 シソーチンとは剛柔流を代表する形であるが、拳を握らず、掌底、抜き手、掛け受け、逆関節技などで四方向に動きながら展開する。剛柔流は主に近い間合いを想定して組み立てられており、このシソーチンも武器を持った相手に手を開いて受ける、接近戦だからこそ有効な掌底打ち、関節技など実践的ではある。剛柔流の高段位の達人らが演じる場面も目にする。

 しかし、形競技では、前述の通り長めの方で難易度の高い形が選ばれる。シソーチンはジャンプや大きな動きなど、派手さがなく、形の競技では、得点が取りにくいと思われがちだ。

優勝した村山と植草歩(植草のインスタより)

 剛柔流出身で女子組手の元世界女王の植草歩は取材でその形を演じた村山の優雅で迫力のある優勝を讃え、「今後、伸びる逸材」と期待。

 さらに植草は自身のインスタで「決勝でやる型って大体剛柔流だとスーパーリンペイをやると思うんだけど…シソーチンを打ってて渋いな〜って見てた」とし「ちなみに私が全国大会とかで型を打ってた時はスーパーリンペイを打つ自信がなくていつも大事な時はシソーチンを打ってました」とつづった。

 流派を代表するサンチン、転掌、セイパイとともに基本とも言える重要な形となっている。

組手団体では浪速高校が優勝(植草歩 提供)

 なお、植草は浪速高校の外部コーチとして会場入りし、同高校が団体優勝。個人では組手、形と2名の優勝者を出した。インスタでは、浪速高校の大会当日の選手へのサポートや、OB、父兄を含めて団結し応援に来ており、強豪校のチームづくりについて学んだことが記されている。

▶︎次のページは【動画】これがシソーチン(四向鎮)の形だ!解説付き

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・【動画】これがシソーチン(四向鎮)の形だ!解説付き

・【空手】高速ステップに見えないハイキック!植草歩の指導で元極真ジュニア王者が伝統派空手の新人戦で優勝

・【空手】植草歩が国際大会“プレミアリーグ”13度目の優勝、終了7秒前に逆転の投げで一本!

・【新極真会】”高速パンチ女子”目代結菜、具志堅用高に教わり進化!「恐ろしい、手が痛いわ~」(具志堅)

・“武道美女”安井南、なんと空手の型披露でミス日本に選出!「パワーが発揮できた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧