TOP > 試合結果 一覧

【K-1MAX】魔裟斗、ついに力尽きる!アンディ・サワーが2年ぶり2度目の優勝

2007/10/03(水)UP

TBS/FEG
「Ameba presents K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント決勝戦~」

2007年10月3日(水)東京・日本武道館
開場17:00 開始18:00

▼メインイベント 世界一決定トーナメント準決勝戦 K-1ルール 3分3R延長2R
アンディ・サワー(オランダ/シュートボクシング オランダ)
TKO 2R終了時 ※セコンドからのタオル投入
魔裟斗(日本/シルバーウルフ)
※サワーが第6代K-1 WORLD MAX世界王者に。

 魔裟斗、悲願の世界王座奪回まであとひとつ! サワーも2年ぶり2度目の優勝に王手をかけた。両者は昨年の決勝トーナメント準決勝で初対戦し、その時はサワーがダウンを奪った末に判定で勝利している。

 前回同様、魔裟斗はかなり深い手負いの状態。魔裟斗のリベンジなるか、それともサワーが返り討ちにするのか? 決勝戦はフリーノックダウン制で行われる。

 1R、ワンツー&ローで一気に前へ出て行く魔裟斗。勢い余ってローブローになってしまう。ワンツー、ローから右ストレートで飛ばしていく魔裟斗。サワーは両腕ブロックしているが、勢いに押される。

 矢のようなワンツーを放ち、重いローを叩き込む魔裟斗。サワーのローには必ずワンツーを合わせる。サワーのブロックの上からパンチを叩きつけ、下がらせる魔裟斗がローキック。

 サワーもハイキックを返す。魔裟斗がレバーブローから右ストレート、ブロックを固めたサワーにアッパーを連打。クリーンヒットは奪えていないが、ガードの上から叩きつけてサワーを下がらせている。

 2R、ジャブから近づいていく魔裟斗が右ストレートからロー、サワーもローキックを返して飛びヒザ蹴り。ローの蹴り合い、魔裟斗は下がらずパンチを繰り出していく。

 魔裟斗の右フック、左フック、さらにヒザ蹴り! サワーも打ち返し、ローキックだ。激しく打ち合う両雄! フックとレバー、さらにローキックの打ち合い。魔裟斗は右アッパーを繰り出すが、サワーのローも強烈に入る。何度もハイキックを狙うサワー。

 レバーから右ロー、さらにインローを放つサワーへ魔裟斗は右アッパー。サワーの右フックに魔裟斗がバランスを崩し、左右ローキックで魔裟斗は倒れる寸前! なんとかゴングに救われたが、魔裟斗はロープにもたれかかったままだ。地力でコーナーへ戻ることも出来ない。

 インターバルが終了し、セコンドアウトの声にも魔裟斗は立ち上がることが出来ない! そして、魔裟斗のコーナーからついにタオルが舞った……!! 魔裟斗の王座奪回の夢、散る! サワーが2年ぶり、2度目の優勝を飾った。しかし、敗れた魔裟斗も最後まで攻め続ける姿勢を見せ、素晴らしい闘いぶりだった。

▶次ページはイ・スファンvs安廣一哉、サワーvsアルバート・クラウス

●編集部オススメ

・SB王者のアンディ・サワーのジム練習が“自宅でできる”打撃格闘技アプリ開始「王者になる秘訣を伝授する」

・【K-1】武尊が「他団体とか関係ない大会を」と涙の訴え、魔裟斗「叶えてあげるのが大人の役目」(動画あり)

・【格闘代理戦争】K-1 FINAL WARはゲーオーズが優勝、未来のK-1ファイターに魔裟斗がエール

・【RIZIN】サワーがMMAデビュー戦で長島☆自演乙にKO勝利

・【動画】アンディ・サワーのテクニック講座が復活!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧