TOP > 試合結果 一覧

【リングス】小比類巻デビュー戦は82秒で一本負け、ロシアが全勝!

2012/03/09(金)UP

リングス
「RINGS ~reincarnation 再臨~」

2012年3月9日(金)東京・後楽園ホール
開場17:00 開始18:00

▼メインイベント 90.0kg以下契約 リングスルール 5分2R
○コバレフ・ゲナジー(ロシア)
TKO 2R28秒 ※レフェリーストップ
●クリストファー・ヘイズマン(オーストラリア/リングス・オーストラリア)

 復活したリングスのメインイベントを飾るのは、リングス・オーストラリアの代表兼選手として活躍した42歳のヘイズマン。12年前の第1次リングス最終興行のメインイベントで、エメリヤーエンコ・ヒョードルと戦った選手である。対するゲナジーは前田代表が「ヒョードルに匹敵する才能を持つ」と絶賛する26歳のロシア人選手。

 1R、ヘイズマンはロー、ゲナジーは左右フック。

  ヘイズマンは後ろ回し蹴りを放つが、ゲナジーの左フックで尻餅をつく。襲い掛かるゲナジーに片足タックルを仕掛けたヘイズマンは軸足を払ってテイクダウン。

  上になったヘイズマンは上体を抑え込みながらパスガードを狙うが、動いた瞬間にゲナジーがひっくり返して上を奪う。ゲナジーが数発殴ったところでブレイク。

 ゲナジーは左右フックで飛び込み、ヘイズマンはタックルで迎え撃つ。上からタックルを潰したゲナジーは離れる。ヘイズマンが右ロー、後ろ回し蹴り。再び右フックで飛び込んだゲナジーは上から覆い被さり、離れると左フック。

 2R、もはやスタミナ切れのヘイズマンにゲナジーが左右フックで襲い掛かり、ヘイズマンはコーナーに吹っ飛ぶ。ゲナジーが上からパンチを落としたところでレフェリーが割って入り、ゲナジーのTKO勝ちとなった。

 試合後、前田日明リングス代表からこの試合にベストバウト賞が贈られた。前田はマイクを持つと、「今、一時的なブームの後、総合格闘技のバブルが弾けたのは皆さん知っていると思います。選手はそれぞれ頑張っていますが、自分はプロとは何か、プロフェッショナルとは何か、お客さんに切符を買ってもらって、リングの上で選ばれた者がどういう試合をしなければいけないかを分かっていない選手が多いと思います。リングスは見本となるような、新たな伝説を築いていくような選手をこのリングで育てていきたいと思います」と挨拶した。

 会場には前田の現役時代の入場テーマ曲「キャプチュード」が流れ、前田コールが場内を包んだ。


▼セミファイナル 77.0kg以下契約 リングスルール 5分2R
○ベン・アボット(イギリス/リングスUK)
一本 1R1分22秒 ※スリーパーホールド
●小比類巻太信(小比類巻道場/K-1MAX2004・2005・2009日本王者)

 元K-1ファイターの小比類巻が、総合格闘家として約2年ぶりに復活。試合前には一撃KOを予告していたが、果たして!? 対戦相手はリングスUK代表のリー・ハスデルが自信を持って送り込むキックボクシング出身のファイターであるアボット。

 1R、いきなり組みに行ったアボットがタックルで豪快にテイクダウン、そのままマウントを奪い、パンチを連打する。小比類巻は下からパンチを打ち返し、胴に両手を回して顔をアボットの腹につけてパンチから逃げようとしたが、アボットの連打は止まらない。

 小比類巻はブリッジして亀の状態になると、アボットはバックマウント。そしてパンチからチョークスリーパー! しばらく耐えた小比類巻だったが、無念のタップ! 小比類巻のデビュー戦は苦い黒星に終わった。

 アボットは「自分の戦いを皆さんが楽しんでくれたと思います。リングスが復活したので今後も出続けたいと思います」と、継続参戦をアピールした。

  • 1
  • 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧