TOP > 試合結果 一覧

【極真会館】永吉美優が優勝、目標は4年後の世界女王

2015/11/24(火)UP

17歳の高校2年生・永吉美優(左)が全試合本戦決着でワールドユース大会を制した

国際空手道連盟 極真会館
「2015ワールドユース・シニア・チーム型競技空手道選手権大会」
2015年11月23日(月・祝)東京体育館

▼2015ワールドユース空手道選手権 15~17歳女子+50kg級決勝戦
○永吉美優(日本/極真会館城西世田谷東支部)
判定5-0
●黒澤佳奈(日本/極真会館千葉県北支部)

2回戦/村上(左)に左中段廻し蹴りを見舞う永吉(右)

 今年大活躍で話題を呼んだ“リアル・ハイキックガール”こと永吉が、高校生の世界選手権大会と位置づけられている『2015ワールドユース空手道選手権大会』に出場した。

 永吉は1回戦シードで2回戦から出場。村上悠佳(千葉県北支部)に突きから左右中段廻し蹴りと前蹴り、後ろ廻し蹴りも2回繰り出すなどノンストップの攻撃を展開し、本戦判定5-0で勝利。

準決勝/伊藤(右)に得意の前蹴りを連打する永吉(左)

 続く準決勝ではフランス人選手を破った伊藤なな(千葉県北支部)と対戦し、得意の左右前蹴りを連発。突きで攻めてくる伊藤に突きから下段・中段廻し蹴り、最後は前蹴りを連打してこれも本戦判定5-0で圧勝した。

 決勝戦も千葉県北支部所属の黒澤との対戦となり、永吉はいきなり前蹴り連打で突進。その後も前蹴りを連打しつつ、突きと下段廻し蹴りで攻める黒澤に突きから右中段廻し蹴りで応戦する。右下段廻し蹴りからの左上段廻し蹴りも繰り出し、右中段廻し蹴りを的確にヒットさせていく。

決勝/永吉(右)は突きから蹴りを間断なく繰り出した

 永吉の攻撃は最後まで止まらず、相手の手数を上回って決勝戦も本戦判定5-0で勝利と完全制覇を達成した。

「調子はあまりよくなかったんですが、勝ててよかったです。練習の段階でもっと改善できたはずのことがいくつかあったので、それを改善していきたい」と試合を振り返る永吉。

決勝/代名詞であるハイキックを繰り出す永吉(左)

 最初から最後までスピードや手数が衰えず、攻撃し続けるアグレッシブさを見せたが、「得意の前蹴りに危ない場面を助けてもらえてよかった」と試合内容には満足がいってないようだった。

 ワールドユースを制した次の目標を聞くと、永吉は「最終目標は4年後の女子世界選手権(無差別級)で優勝することです」と、ユースにとどまらず一般部で世界一を狙う。その前に、来年4月に開催される体重別の世界女子選手権大会に挑みたいという。

高校生最強を証明した永吉。次は一般部の体重別世界選手権、そして無差別の世界選手権を目指す

「久しぶりに防具(ヘッドギア、サポーター、グローブ)を付けて試合をしたらやりづらかったです。次からは(素手素足の)一般部の大会に出たいです」と永吉。

 一般部の世界選手権は基本的に18歳以上との規定があるが、実績と年齢を考慮して選手強化委員会の推薦を受けられれば特例として出場することが出来る。永吉は実績が認められて昨年6月の全日本ウェイト制選手権大会に出場、8月には体重無差別の全日本選手権大会でベスト4入りと一般部の大会でも活躍しており、今回のワールドユース優勝の実績も加えて委員会で出場が検討される予定だ。

★森善十朗vs永吉美優のスパーリング動画はこちら

●編集部おススメ記事
・永吉美優、世界一強い女子高生へ
・リアルハイキックガール対決は永吉が勝利
・全日本女子で“リアル・ハイキックガール”対決

 

「2015 ワールドチーム型競技空手道選手権大会」

優勝/本部直轄岩手道場(相馬聖春/小原滋規/名郷根幸枝)
準優勝/ITALY(Luigi Puglisi/Bernardo Vermiglio/Vito Michael Brigandi)
3位/HUNGARY(Balazs Schaffer/Sandor Laczko/Gergo Kalocsay)

「2015 ワールドシニア空手道選手権大会」

■35歳以上~39歳以下 -70kg級
優勝/Masior Jan (POLAND)
準優勝/Babak Astaraki (IRAN)
■35歳以上~39歳以下 -80kg級
優勝/Dmitry Yankin (RUSSIA)
準優勝/Alibek Gadzhikurbanov (RUSSIA)
3位/Viacheslav Krasavin (RUSSIA)
Blagovest Petkov (USA)
■35歳以上~39歳以下 +80kg級
優勝/Krzak Michal (POLAND)
準優勝/Bahman Boorboor (IRAN)
3位/Arnaud Nekam (FRANCE)
Victor Vaskov (RUSSIA)
■40歳以上~44歳以下 -70kg級
優勝/河元辰朗 (東京城北支部)
準優勝/髙柳尚智 (東京城北支部)
■40歳以上~44歳以下 -80kg級
優勝/石井鉄也 (横浜北支部)
準優勝/Jonothan Williams (SOUTH AFRICA)
3位/髙橋 敏 (東京城西支部)
Krzystof Wozniak (GREAT BRITAIN)
■40歳以上~44歳以下
優勝/内田記央 (東京城北支部)
準優勝/Gorbach Valentin (RUSSIA)
3位/Dariusz Cymmerman (POLAND)
Jean-louis Rungi (NEW CALEDONIA)
■45歳以上 -70kg級
優勝/鈴木隆之 (西湘支部)
準優勝/Vasili Maksimau (BELARUS)
3位/大和宏樹 (川崎溝口支部)
旗手 浩 (東京城西支部)
■45歳以上~ -80kg級
優勝/Georgii Kozanashvili (RUSSIA)
準優勝/荒井 茂 (富山支部)
3位/岡上朋弘 (北大阪支部)
廣田宗宣 (東京城北支部)
■45歳以上
優勝/Mikhail Sigachev (RUSSIA)
準優勝/金川賢児 (富山支部)
3位/村上憲導 (千葉県北支部)
Andrzej Czo?pi?ski (POLAND)
■壮年マスターズクラス35歳以上~39歳以下
優勝/Dmitrii Lunev (RUSSIA)
準優勝/川阪真一 (兵庫・大阪南支部)
3位/Khaid Mantaev (RUSSIA)
Bruce Sherman (SOUTH AFRICA)
■壮年マスターズクラス40歳以上~44歳以下
優勝/門井敦嗣 (下総支部)
準優勝/Rudolf Conquet (HOLLAND)
3位/田中通典 (城西世田谷東支部)
Konstantin Goryushkin (RUSSIA)
■壮年マスターズクラス45歳以上
優勝/Sylwester Sypien (POLAND)
準優勝/成田武治 (横浜川崎支部)
3位/Robert Madej (POLAND)
蔵谷 薫 (大阪なみはや支部)

「2015 ワールドユース空手道選手権大会」

■12歳男子-50kg級
優勝/西口大河 (本部直轄大阪中央道場)
準優勝/針山功靖 (富山支部)
3位/飯塚 翼 (東京城北支部)
金子雄大 (東京城西支部)
■12歳男子+50kg級
優勝/大庭龍華 (東京城北支部)
準優勝/神谷元気 (宮﨑支部)
3位/長澤龍馬 (北大阪支部)
田中智弥 (千葉県北支部)
■13歳14歳男子-55kg級
優勝/平沢拓巳 (栃木県南支部)
準優勝/冨田瑠伽 (東京城北支部)
3位/山下 凜 (鹿児島県支部)
岡田拓万 (茨城県常総支部)
■13歳14歳男子+55kg級
優勝/髙橋扶汰 (東京城北支部)
準優勝/ 山上大輝 (東京城北支部)
3位/浅倉穂鷹 (東京城北支部)
相川晃弘 (横浜北支部)
■12歳~14歳女子-45kg級
優勝/西原安夏 (下総支部)
準優勝/山﨑乙乃 (城西国分寺支部)
3位/松井 優 (静岡西遠支部)
八幡華菜 (下総支部)
■12歳~14歳女子+45kg級
優勝/横田帆乃佳 (東京城北支部)
準優勝/知念琉花 (横浜北支部)
3位/細田彩花 (本部直轄四谷道場)
泊 七海 (宮崎支部)
■15歳男子-65kg級
優勝/山﨑一央 (城西国分寺支部)
準優勝/木本 海人 (東京城北支部)
3位/新井海希 (東京城北支部)
澤井秀宝鷹凪 (兵庫・大阪南支部)
■15歳男子+65kg級
優勝/三樹俊久 (千葉県中央支部)
準優勝/海野謙一郎 (東京城北支部)
3位/Szymon Olpinski (POLAND)
原口昌之介 (本部直轄大阪中央道場)
■15歳~17歳女子-50kg級
優勝/戸田裕香 (東京城北支部)
準優勝/Aleksandra Razumnikova (RUSSIA)
■15歳~17歳女子+50kg級
優勝/永吉美優 (城西世田谷東支部)
準優勝/黒沢佳奈 (千葉県北支部)
3位/佐々木志乙莉 (本部直轄仙台道場)
伊藤なな (千葉県北支部)
■スーパーエリート16歳17歳男子-65kg級
優勝/立見北斗 (東京城北支部)
準優勝/須田翔貴 (千葉県北支部)
3位/Vahid Nazari (東京城北支部)
瀬川 琉 (城西国分寺支部)
■スーパーエリート16歳17歳男子-75kg級
優勝/Tarasii Sedykh (RUSSIA)
準優勝/八木橋拓哉 (埼玉県西北支部)
3位/Tyler Pecsi (CANADA)
小川 亮 (下総支部)
■スーパーエリート16歳17歳男子+75kg級
優勝/Anton Guliaev (RUSSIA)
準優勝/Nikita Garas (KAZAKHSTAN)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧