TOP > 試合結果

【レベルス】日菜太が郷野をKO「来年はいろいろなことに挑戦できそう」

2016/11/30(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

左ローで郷野(左)を攻める日菜太(右)

Def Fellow
「REBELS.47」
2016年11月30日(水)東京・後楽園ホール

▼第8試合 メインイベント 70kg級 3分3R REBELSルール
○日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
KO 2R 2分34秒 ※左ローキック
●郷野聡寛(Benkei MMA System/英雄伝説アジア72kg級王者)

 日菜太は3月のハミシャ・モーチェ戦では敗れたものの、その後はレドアン・ダウディとアルバート・クラウスに連勝。今年を締めくくるこの一戦では、『PRIDE』や『UFC』などのメジャー団体で活躍してきたMMAファイター郷野を迎え撃った。

 1R、左ローと左ミドルを蹴る日菜太に郷野はノーモーションの右ストレート。前に出て来る日菜太へ郷野がパンチを狙うスリリングな出足となったが、日菜太の左インローが急所に入り試合中断。

 再開後、日菜太の蹴り足をキャッチして転倒させる郷野。しかし、日菜太の左ローが強烈に決まり、郷野が組み付くと日菜太はボディへのヒザ蹴り。

 2R、郷野はボディブロー、左右フックを放ち、日菜太は左ストレートから左インロー。パンチで勝負を懸ける日菜太だが、双方にバッティングが見られる。両者とも苛立ちが表情から見て取れ、荒れた試合展開に。

 日菜太が左インローを2発蹴り、左ストレートを放つと郷野は倒れる。ローブローをアピールする郷野だが、レフェリーは10カウントを数え、日菜太のKO勝ちとなった。

 ざわつく場内にレフェリーがマイクを持ち、「1度目は(急所に)かすっていました。2度目は多少かすっていましたが完全にインローだった。3人のジャッジにも確認しました」と説明した。

 日菜太はマイクを持つと「しょっぱい試合をしてすいませんでした。今年のレベルス後楽園大会には全部出ました。僕がレベルスを引っ張っている自負があります。今日プロとしての仕事が出来なかったのは次回の宿題にしてください。町田、ハチマキ、みんな負けちゃったけれど男は30歳からだと思っているから、みんな頑張ってください」と、観客に不完全燃焼試合を詫びるとともに、前の試合で敗れた町田とハチマキへエールを送った。

 控え室でも反省しきりでガックリと肩を落とす日菜太。「パンチが思ったより当たっていたけれど最悪でした。来年は31歳になるんですが、いろいろなことに挑戦できそうなので、僕が負ける最悪の結果は免れたから最低限の課題はクリアしたと思います。来年はみんなが強いと認める相手といい試合をしていきたいと思います」と、来年に期待して欲しいと語った。

●編集部オススメ記事
・日菜太、郷野を酷評「面白くない」
・計量パスの郷野聡寛、RIZIN出場をアピール


 

鋭いパンチを町田(右)にヒットさせるエナッシ(左)

 

▼第7試合 セミファイナル BLADE61kg級世界王者決定戦 REBELSルール 3分3R延長2R
○イリアス・エナッシ(オランダ/オトマニジム/エンフュージョン -60kg世界王者)
判定3-0 ※29-26、29-26、30-26
●町田 光(橋本道場/REBELS 60kg級王者)
※エナッシが初代王座に就く。

 町田は当初ヤスユキとの対戦が決まっていたが、ヤスユキが10月のムエタイ・スーパーファイトでKO負けを喫したため、代わってヨーロッパのキックボクシングイベント『ENFUSION』(エンフュージョン)の世界-60kg王者エナッシと対戦することになった。エナッシは20歳にして24勝(10KO)1敗の戦績を持つオランダの超新星。

 1R、パンチを出して前に出る町田に左ハイを連発するエナッシ。中盤を過ぎるとエナッシもスピードのあるパンチのコンビネーションを放ち、終盤の打ち合いでは右フックでダウンを奪う。

 2R、前に出る町田へスピードのあるパンチと蹴りのコンビネーションを回転させるエナッシ。右フックで町田が足を滑らせたように倒れ、ダウンを奪われる。速く重いパンチを叩き付け、飛びヒザ蹴りも放つエナッシ。町田は突進していくが、有効打を浴びせられずクリンチとなり、両者ホールディングが多いとしてイエローカード。

 3R、町田は右ローを連打していくが、エナッシのストレートとアッパーの連打が襲い掛かる。どんどん前に出る町田が得意の乱戦に持ち込むが、エナッシは下がりながらもフックとアッパーを叩き込む。居合パンチとボディへの連打で勝負を挑む町田だが、エナッシも顔面への連打を止めない。最後は余裕のエナッシが背中を向け、両手を上げながら走って町田の突進をかわしたところで試合終了。

 2度のダウンを奪ったエナッシが大差をつけ、判定勝ち。噂通りの実力を見せつけ、ベルトを腰に巻いた。

●編集部オススメ記事
ヤスユキKO負けで町田光の相手変更、オランダの超新星が来襲
超新星エナッシ来襲、居合いパンチは「怖いと思わない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果