TOP > 試合結果

【空道】初日:日本代表は22名が決勝日へ、優勝候補も順調に勝ち上がる

2018/12/02(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

国内の試合ではムエタイスタイルの加藤和徳(日本/大道塾吉祥寺支部=‐260クラス)だが、2回戦ではイギリスのアシュレイ・クリューズージョーンズにチョークで一本勝ち

国際空道連盟主催
「第5回空道世界選手権大会」(初日)
2018年12月1日(土)愛知県立体育館

 愛知県体育館で行われている『第5回空道世界選手権』。初日が終わり、日本勢では、-250クラスの藤田隆(大道塾秋田支部)が2回戦でアマンゾール・カイザ(カザフスタン)に右ストレートで効果を奪われ敗れた以外は、22名が12月2日(日)の決勝日に勝ち進んだ。

 海外勢も史上初の大会3連覇を狙うハリエフ・アダム(ロシア=-260クラス)が得意の後ろ回し蹴りでKO(一本)を奪ったほか、ラウリ・ツタラウリ(グルジア=-240クラス)、コリャン・エドガー(ロシア=-230クラス)ら、優勝候補が順当に勝ち上がっている。

●編集部オススメ

・プロMMAファイターや特集番組が組まれる美女も来襲=第5回世界選手権

・ロシアが7階級中6階級を制覇、-230は中村が優勝=2014年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果