TOP > 試合結果

【クインテット】優勝は10th Planet、山本美憂vs湯浅麗歌子は湯浅が一本勝ち

2019/04/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

男子団体戦に続き、女子団体戦でもエディ・ブラボ―率いる「TEAM 10th Planet」が優勝

ラバーランド
「QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO
Female Open Team Championship 2019」
2019年4月7日(日)東京・アリーナ立川立飛

ドローで5人抜きはならなかったKINGレイナ

 桜庭和志がプロデュースするグラップリング(組み技)大会『QUINTET FIGHT NIGHT3 in TOKYO』で、初となる女子団体戦が行われた。女子団体戦は5人で1チームを作り、5vs5の勝ち抜き戦で行われるトーナメント。

 1回戦第1試合では、日本の女子総合格闘技を牽引しているDEEP JEWELSの女子プロ総合格闘家による「TEAM DEEP JEWELS」と、世界的グラップラーのエディ・ブラボーがメンバーを決めた「TEAM 10th Planet」が対戦。

 先鋒KINGレイナが、ロンダ・ラウジーが保持するUFC世界女子バンタム級王座に挑戦したこともある先鋒リズ・カームーシュと引き分けて、宣言していた5人抜きに失敗。続く次鋒・青野ひかるも16歳の少女グラップラーである次鋒グレース・ガンドラムと引き分け。

カルピネンは驚異の3人抜きで「TEAM 10th Planet」に勝利をもたらした

 しかし、中堅戦でこの均衡状態は大きく崩れる。「TEAM 10th Planet」の中堅として登場したのは柔術世界王者マッケンジー・ダーンから勝利し、世界にその名を轟かせたエルヴァイラ・カルピネン。

「TEAM DEEP JEWELS」のく中堅・奈部ゆかりをわずか25秒でアンクルロックに仕留めると、副将・前澤智も腕十字で撃破、そして大将・富松恵美にもチョークスリーパーで一本勝ちし、驚異の3人抜きでチームの決勝進出を決めた。

 もうひとつの1回戦では柔術チームの「TEAM BJJ KUNOICHI」とレスリングチームの「TEAM Sun Chlorella」が対戦。

この体格差がありながら、湯浅(左)がマクマン(右)に一本勝ち。場内が大いに沸いた

「TEAM BJJ KUNOICHI」の先鋒として登場したジュエルスグラップリングトーナメント2010優勝・杉内由紀は、「TEAM Sun Chlorella」の先鋒・池本美憂にわずか58秒で腕十字による一本勝ちを収めると、続く次鋒の2011&2012年全日本学生レスリング選手権-51kg級準優勝・杉本めぐみを腕十字、昨年大みそかのRIZINで山本美憂と対戦した長野美香を肩固めで破って3人抜きを達成。副将のアテネ五輪レスリング63kg級銀メダリストで現在MMAファイターのサラ・マクマンにはフロントチョークで敗れるも、大活躍した。

 そのマクマンは「TEAM BJJ KUNOICHI」の次鋒、2017・2018年全日本ブラジリアン柔術選手権紫帯ライトフェザー級準優勝・澤田明子を肩固めで仕留めたが、中堅の2016~2018年柔術世界選手権4連覇の“寝技女子世界最強”湯浅麗歌子には三角固めで一本負け。体重49.15kgの湯浅が67.75kgのマクマンに一本勝ちしたこの試合は、今大会のベストバウトと呼べる小よく大を制した一戦だった。

湯浅vs山本の注目の一戦が実現し、湯浅が腕十字で一本勝ち

 そして、大将の1991・1994・1995年女子レスリング世界選手権優勝・山本美憂を引っ張り出した湯浅は、腕十字で山本から一本勝ちを奪い、6分18秒の白熱した試合にピリオドを打った。

 決勝戦は「TEAM 10th Planet」と「TEAM BJJ KUNOICHI」で争われ、先鋒戦のリラ・スマジャ-クルスvs越後伊織、次鋒戦のファビアーナ・ジョージvs市川奈々美、中堅戦のエルヴァイラ・カルピネンvs杉内由紀、副将戦のグレース・ガンドラムvs湯浅麗歌子、リズ・カームーシュvs澤田明子の全試合が時間切れドロー。

副将戦でポイントゲッターの湯浅(左)が16歳のガンドラム(右)に引き分けに持ち込まれたのが痛かった

「指導」も同じ数で、チーム全体の「指導」も同じ数(少ない方が勝利)だったため、勝敗は最終判定に持ち込まれ、大将同士の試合だけの優劣を3名のジャッジが判定。3名とも「TEAM 10th Planet」を支持し、優勝が決まった。

 大会終了後、桜庭は「1回戦の2試合は面白かったですが、決勝は正直、もうちょっと一本を狙っていって欲しかったですね。旗揚げから1周年で、もうちょっとルールを少しずつ変えて行かないといけない。エディ(・ブラボ―)さんと話をして、こういうルールはどうかと言われたんですが、そのルールいいなって話をしました。グラップリングは面白いんです。面白いんですが守ってしまうと面白くない。なのでもっと一本を取りに行くルールにするようにいろいろ考えていきたいですね」と総括した。

●編集部オススメ

・初の女子チーム戦に山本美憂、KINGレイナら参戦決定

・山本美憂チームの全メンバー決定、5人抜き驚異の14歳が加入

・KINGレイナが堂々の5人抜き宣言

・1回戦の出場順決定、山本美憂は大将、KINGレイナは先鋒に

・山本美憂チームvs湯浅麗歌子チームが1回戦で激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果