TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】王座獲得ならず!船井龍一が無念のドクターストップ、王者アンカハスにTKO負け

2019/05/05(日)UP

アンカハスの多彩な攻めが船井を上回った

 米国ストックトンでは、5月4日(日本時間5日)、IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われ、1位の船井龍一(33=ワタナベ)が王者ジェルウィン・アンカハス(27=フィリピン)に挑んだが、7回開始直後にドクターストップによるTKO負けとなり、王者が7度目の防衛成功となった。

船井の得意の右がクリーンヒットする

 船井が乗り込んだカリフォルニア州の会場は、前座試合から地元の超新星、ガブリエル・フローレス(19=米国)が出場するなどあって、1万2000人のキャパを超えた観客動員数で盛りあがった。

 オーソドックス構えの船井とサウスポー構えのアンカハス。対照的な構えの両者は、初回から後ろ側に構えた手でストレートパンチを躊躇なく打っていく。さらに王者は2回から大小の多彩なパンチを織り交ぜていくが、船井の右ストレートも王者を何度かとらえた。このラウンド終了前に、アンカハスの左カウンターで船井が一度バランスを崩した。

 3回、動きの柔軟性がさらに増すアンカハスだが、船井も距離を詰め、減量苦といわれるアンカハスの消耗を狙って離れない。このラウンドで、船井が初めて打ち勝ったか。

 4回、船井が頭を振りながら前進していくと、アンカハスがフルスイングで猛ラッシュ。ラウンド終了の時点で船井の顔はだいぶ傷ついていた。そこでレフェリーは5回開始早々、船井の顔をドクターにチェックさせる。再開後もアンカハスがペースをつかんでいったが、打ち疲れも伺えた。

アンカハスが7度目の防衛に成功した

 6回は互いに中間距離でストレートを交錯させる。しかし、優勢だったのは豪快な右アッパーを織り交ぜる王者で、船井は鼻も大きく腫れあがるまで打ち込まれた。

 7回開始直後、船井に2度目のチェックが入り、ここでドクターは試合続行を認めなかった。
 試合後のリング・インタビューでアンカハスは感謝したい対象に神、フィリピン、カリフォルニアのファンを挙げ、船井については「日本人のあきらめない姿勢を見せた」と讃えた。

写真=(C)横山奈加子

●編集部オススメ

・【ボクシング】計量パスの船井龍一「自分から仕掛ける」、アンカハス「これが7度目のタイトル防衛となる」

・井上尚弥の宿敵に挑む船井龍一が現地調整、4日決戦に「100%出す」

・井上尚弥はアンカハスと統一戦を望んでいた

・モンスター井上尚弥が勝ち続けるイメトレは相手への過大評価

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧