TOP > 試合結果 一覧

【NKB】“髙橋三兄弟”の次男・髙橋亮が2階級制覇を達成「3階級制覇も目指す」

2019/06/16(日)UP

右ストレートを伸ばしていく田村(右)

NKB日本キックボクシング連盟
出陣シリーズ vol.4
2019年6月15日(土)=2P目

▼第13試合 セミファイナル PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント・準決勝 ミドル級 3R 延長1R
○田村聖(拳心館/NKBミドル級前王者、現NKBミドル級1位)
KO 2R 2分44秒 ※右フック 
●今野顕彰(市原ジム/ジャパンキックボクシング協会ミドル級1位)

 田村はミドル級トーナメント初戦でJ-NETWORKミドル級前王者の吉野健太郎を、持ち前の豪腕で失神KO。最近の連戦連勝の中では新日本キックミドル級王者・斗吾といった国内トップ選手にもKO勝利を飾っており勢いにのる。

 対する今野は、初戦ではガンガン前進するスタイルのMAミドル級前王者の井原を終始冷静にジャブでコントロールし、鋭い肘でカット。ダウンを奪い完璧な試合を観せた。激闘を制し決勝に進出するのは果たしてどちらか。

 1R、今野がジャブでけん制し、右ローで先制すると田村が重いローを返す。中盤今野がオーバーフックをガードの上から叩き込むと、田村はカウンターの右フックを効かせて今野を後退させた。

決勝で激突する清水(左)と田村(右)

 2R、今野は遠い距離から右のオーバーフックを振るっていくと、田村は落ち着いて右ローを淡々と返す。中盤今野が飛び込んで左フックを当て込むと、今度は田村が右ストレートを返すといった一進一退の攻防を展開。その後、リング中央でフックが交錯すると今野が右上の目じりをカット。終盤になると田村が、今野の左フックに被せる右フックを合わせてクリーンヒット。この一発で今野は大の字に倒れ、何とか起き上がろうとしたものの立つことは出来なかったためレフリーが試合を止めた。田村は圧巻のKO勝利を収め決勝に進出した。


清水(左)がヒジ打ちでTKO勝利を勝ち取った

▼第12試合 PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント・準決勝 ミドル級 3R 延長1R
○清水武 (sbm TVT KICK LAB../初代・第3代 WPMF スーパーウェルター級王者)
TKO 2R 2分04秒 ※顔面のカットで試合続行不可能
●小原俊之(キング・ムエ/J-NETWORKミドル級3位)

 清水はトーナメント初戦で国内実力者の郷野と対戦し、1Rはその変則な試合運びに自らも慎重になったが、ダウンを奪い、最後は肘でバッサリと斬り勝利を収めて準決勝に進出。対する小原は、新日本キックのミドル級トップ選手と互角以上の戦績を残している強豪。初戦はNKBミドル級王者・西村に対しカウンターの左縦肘を合わせてダウンを奪い、わずか30秒ほどでKO勝利。存在感を示した。

 1R、序盤から緊迫した蹴りの攻防が展開される。両者サウスポーで左ロー、ミドルを蹴り合う。終盤には小原の左フックに清水が左ストレートを合わせたが、小原も冷静に左の蹴りを当て返した。

このようにカットした

 2R、小原が前進し積極的に左ローを走らせると、清水も左ローを即座に蹴り返す。中盤、コーナーで組み付き小原が左フックを振るうと、清水がそこに左のヒジを綺麗に合わせてカット。1度目のドクターチェックでは再開されたが、その後、清水が左ストレートをぶち込んだところで出血がひどくなり、再びドクターチェックでストップ。清水がTKO勝利を収めた。

▶︎次ページは棚橋と元ルンピニ&元ラジャランカーが対決

●編集部オススメ

・高橋亮、初のタイ人戦で大苦戦も勝利

・ひろあきが高橋三兄弟の壊滅を目論む

・村田裕俊が2年半ぶりの勝利、ミドル級トーナメントに郷野聡寛が散る

・田村聖、逆転勝利でミドル級王座獲得

・高橋三兄弟の長男・一眞が村田との4度目の対決制し王座戴冠 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧