TOP > 試合結果 一覧

【ONE】クアラルンプール大会 試合結果=2019年7月12日

フォロー
2019/07/12(金)UP


デソン(右)のプレッシャーに得意のグラウンドに持ち込めない江藤(左)

▼プレリム第7試合 ライト級 5分3R
○パク・デソン(韓国)
KO 2R 1分59秒※パウンド→レフェリーストップ
●江藤公洋(30=和術慧舟會HEARTS)

 日本ではDEEPを主戦場にしていた江藤はONEのトライアウトであるONEウォリアー・シリーズで勝利し今回がONE本戦初出場。過去ウォリアー・シリーズにおいて左ハイキックで敗北を喫したパクとの再戦となる。

最後は上からパウンドの嵐を浴びストップ

 サウスポーのデソンに体格で勝る江藤がジリジリと前進。至近距離でも組まずフックを交換する両者。江藤はバックブロー、後ろ回し蹴りを見せるなど立ち技オンリーの様相を見せる。

 2Rもスタンディングのまま進む中、デソンの左ハイキックがクリーンヒットし腰を落とした江藤。立ち上がり組みを狙いにいくもデソンは左右のフックをヒットさせ、江藤は何度もヒザを折る。組みに行く江藤を突き放したデソンは左右のフックを追加。しゃがみ込みデソンの足にしがみつく江藤へ鉄槌を振り下ろしたところでレフェリーがストップをかけた。


飛び込んで右フックを当てていく藤沢(右)

▼プレリム第6試合 フライ級 5分3R
○アレクシ・トイヴォネン(フィンランド)
一本 1R3分22秒 ※リアネイキッドチョーク
●藤沢彰博(39=心技道場)

 藤沢は26歳まで格闘技未経験、ONEのトライアウトであるONEウォリアー・シリーズでチャンスをつかみ取り本戦出場を果たし、これまで3勝1敗の好成績を残している。

トイヴォネン右ローで倒されバックを取られ敗北した藤沢

 軽いフットワークでトイヴォネンを中心に回る藤沢。ジリジリとプレッシャーをかけていくトイヴォネンに、飛び込んだ右フックを当てていく。中盤にトイヴォネンが放った右ローキックでバランスを崩した藤沢に、さらに右ローを追撃。前のめりに倒れた藤沢に覆いかぶさり、後ろから首をとったトイヴォネン。リアネイキッドチョークを深く決められた藤沢はたまらずタップし試合を終わらせた。

▶次ページは森本“狂犬”義久のONE初挑戦

フォロー

●編集部オススメ

・森本“狂犬”義久、デビュー戦は元世界王者「全然強くない、倒したい」

・ペットモラコットがムエタイ技を駆使し勝利、ジョルジオ・ペトロシアンは準々決勝で姿消す

・100回記念大会は10月に両国で開催決定、賞金1億のキックグランプリ決勝も

・電撃参戦の秋山成勲、3年半ぶり復帰戦も20歳年下のターニに判定負け

・”怪物くん”鈴木博昭の手が出ず、ムエタイ王者の右ミドルに完敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています
」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧