TOP > 試合結果 一覧

【K-1 KRUSH】高梨knuckle美穂が延長戦を制して初防衛、不可思は堀井翼にパンチでKO勝利

2019/10/14(月)UP

強烈なパンチを振るっていく軍司(右)

K-1実行委員会
『K-1 KRUSH FIGHT.105』(2P目)

2019年10月13日(日) 東京・後楽園ホール

セミファイナル 第8試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級 33R 延長1R
◯軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)
判定3-0  ※30-28、29-2830-28
●玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)

右ローを放つ軍司(左)

 軍司は卓越したパンチ技術を武器にK-1 KRUSH バンタム級王座を獲得。新生K-1で最初のさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会も経験した。2018年には1つ階級を上げてK-1KRUSHバンタム級王座決定トーナメントに出場して決勝まで勝ち上がるが、2019年2月の決勝戦で玖村修平の弟の将史に敗れた。その後顎の怪我もあって今回が約8ヶ月のリングとなる。

 対する玖村は、弟将史と2人で上京しK-1JAPAN GROUPに参戦。今年3月のK-1では金子晃大に惜しくも敗れるが、6月のK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに参戦すると、準決勝で武居由樹に敗れるも世界3位に輝いた。今回は弟がタイトルマッチで勝利している相手だけに絶対に負けられない戦いであり、今後のK-1参戦に向けて大事な一戦だ。

玖村(右)の右ミドルがヒット

 1R、軍司の左ローに玖村が左ミドルを返す。中盤以降は玖村が左ボディを打つと、軍司は効いていないとアピールして右ローからのワンツーを放っていく。軍司は軽いステップを踏みながら、距離を取って玖村が入り込んできたところに左フックを合わせていく。玖村がその左フックに右ストレートを合わせていくといったような緊迫感のある攻防となった。

 2R、序盤は両者左右のローを蹴り合うが、玖村が左ジャブから右ミドルを当て込むと軍司はすぐさま左ローをリターン。軍司は玖村がワンツーで入ってくるところに、左フックからの右ストレートを合わせると玖村が後退。軍司は玖村をコーナーに追い詰めてパンチをボディに連打、右フックと左ボディフックを効かせてダウンを奪う。何とか立った玖村はバックブローを狙う。

 3R、軍司はノーガードで玖村を挑発しながら左ミドルや右ローを冷静に走らせる。玖村は後がないため前に出てワンツーや左フック、さらには右ヒザを狙っていく。軍司は玖村の動きをよく見て返しの左フックを当て返し、ペースをキープする。終盤になるにつれて玖村が前進して、右ストレートをヒットさせる。玖村は反撃の隙を伺うが起死回生のダウンを奪うことは出来ず。軍司が復帰戦を勝利で飾った。

▶︎次ページは不可思が堀井にTKO勝利

●編集部オススメ

・高梨knuckle美穂、目標は階級上げ女子トーナメントでのKANAとの一騎打ち

・17歳ムエタイ美女「タイにベルトを持ち帰る」=10.13高梨とタイトル戦

・堀井翼、不可思に「モテるヤツ、キラキラしてるヤツが大嫌い、ぐちゃぐちゃにする」

・軍司泰斗が顎骨折から復帰、玖村修平との一戦は「お互い崖っぷち、負けられない」

・12.15 戦う美容学生・菅原美優が、保育士ファイター・C-ZUKAと激突

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧