TOP > 試合結果 一覧

【J-NETWORK】流血の激闘はダウン奪った小磯哲史が新王者に、馬木愛里は番長兇侍にTKO勝利

2019/10/15(火)UP

MASAKING(左)との接戦を制した和斗(右)

▼第10試合 J-NETWORKスーパーバンタム級王座決定戦 3分5R延長1R ※ヒジあり
〇和斗(井上道場/INNOVATIONスーパーバンタム級2位)
判定2-1 ※48-49、49-48、50-49
●MASAKING(岡山ジム/INNOVATIONフライ級10位)
※和斗が新王者に

 1R、長身のMASAKINGは前蹴りで距離をとる戦い。和斗はローからパンチにつなぐパワフルな攻めを見せる。MASAKINGは右ハイを当てるなど距離を取る戦いをするも、和斗は積極的に前に出る。2R、MASAKINGは蹴り技主体の攻め、右ハイをクリーンヒットさせ、パンチをまとめる場面も作って優勢を印象付けた。

 3R、豪快な右フックを放つ和斗は左ミドル、首相撲を仕掛け、4Rになると和斗の大振りの右フックが当たり始め、MASAKINGも前蹴り、ミドル、組んでのヒザなどで対抗。お互いに最後まで攻める展開を見せる。僅差で和斗が勝利し新王者に輝いた。


魔由美(左)との激闘を制して新王者に輝いたYAYA(右)

▼第9試合 初代J-GIRLSスーパーフライ級王座決定戦 2分5R延長1R ※ヒジなし
〇YAYA(ウィラサクレック・フェアテックス幕張)
判定3-0 ※三者とも49-47
●魔由美(DRAGON GYM)

 YAYAはタイを主戦場とし、9戦8勝1分と無敗のホープ。唯一の引き分けの相手が、昨年10月に対戦した魔由美となる。魔由美は現在48歳で、宮城の元ヤンキー。

 1Rから仕掛けたのはYAYA。ゴングと同時にラッシュを仕掛けて魔由美を追い込む。耐える魔由美は右ローを返しながら反撃。2R、攻め疲れか、手数の減ったYAYAに、逆に魔由美がラッシュを仕掛ける場面も。

 3R、YAYAは前に出続け、右ローにつなぐ。左足を腫らしながらも魔由美はパンチ連打を当て返していくが、YAYAの連打の前に押されてしまう。5R、疲れながらも顔面前蹴り、パンチと手数で上回るYAYAが判定勝ちしベルトを獲得した。


 

櫻井(左)に右ミドルを見舞うペッワンチャイ(右)

▼第7試合 スーパーフェザー級 3分3R ※ヒジあり
〇ペッワンチャイ・ラジャサクレックムエタイジム(タイ/ラジャサクレックムエタイジム)
判定2-1 ※30-28、28-29、30-29
●櫻井 健(Hardworker/INNOVATIONスーパーフェザー級1位)

 1R、前蹴り、右ロー、左右パンチで前進する櫻井に、ペッワンチャイは右ミドルを返して組んでのヒザ。ミドルを受ける櫻井は背中を赤く攻めながらも2Rもパンチ、右ローで攻めていく。

 3R、ヒジで切られた櫻井だが勢いは落ちることなく前進。ペッワンチャイはミドル、組んでのヒザでペースを握り、判定勝ちした。


▼第12試合 メインイベント J-NETWORKライトヘビー級王座決定戦 3分5回戦延長1R ※ヒジあり
〇森 孝太郎(NEXT STEP GYM)
不戦勝 ※アスランが負傷欠場
●ムハナド・アスラン(シリア/谷川道場)
※森が暫定王者に

▼第6試合 INNOVATION&WBCムエタイスーパーフェザー級ランキング査定マッチ 60kg契約 3分3R ※ヒジあり
〇JOKER(ジョーカー/花澤ジム/INNOVATIONスーパーフェザー級8位)
判定3-0 ※三者とも30-28
●マサル(Monkey☆Magic/JAPAN KICKBOXING INNOVATION/INNOVATIONスーパーフェザー級4位)

▼第5試合 68kg契約  3分3R
〇都木航祐(ボスジムジャパン)
判定3-0 ※三者とも30-27
●小倉敬浩(マスターズピット/JAPAN KICKBOXING INNOVATION)

▼第4試合 ライト級 3分3R ※ヒジあり
〇ハルク大城(ボスジムジャパン)
KO 1R2分38秒
●紀州のマルちゃん(武勇会/INNOVATIONライト級7位)

▼第3試合 スーパーライト級 3分3R
〇藤田雅也(極真会館)
反則 3R ※藤坂のローブローで藤田が試合続行不可能に
●藤坂弘樹(M-FACTORY)

▼第2試合 56kg契約  3分3R ※ヒジあり
〇財辺恭輔(REON)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-27
●遊羅(マイウェイスピリッツ/JAPAN KICKBOXING INNOVATION)

▼第1試合 72kg契約 3分3R
〇ブハリ亜輝留(ウィラサクレック・フェアテックスジム幕張)
KO 3R2分47秒
●吉宗(心成塾)

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・46歳の小磯哲史が王座挑戦「待たせたな!20年かけてタイトルマッチに来たぜ!」

・【RIZIN】HIROYAがKO負け、小西拓槙の飛びヒザ蹴りに沈む

・【ボクシング】井上尚弥vsドネアの決勝、弟・拓真のタイトル戦がWOWOWで11月9日に放送決定

・【ナイスミドル】78歳・ミスター押忍がリングに登場「俺も戦いたくなった」

・【11.17 イノベーション】原口健飛、“Mr.KNOCK OUT”森井洋介に「尊敬を込めてノックアウトします」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧