TOP > 試合結果 一覧

【海外ムエタイ】竜哉がラジャ王者を獲得後の初試合で勝利、名高はタイ王者を撃破

2019/11/01(金)UP

ヒザ蹴りを叩き込む名高

『スック・チュージャルン』(2p目)
10月31日(木・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第5試合 109ポンド契約(49.5kg=ライトフライ級)3分5R
○名高エイワスポーツジム(吉成名高=18=エイワスポーツジム)
判定3-0 ※3者とも49-47
●エッグモンコン・モークンテープトンブリー(タイ)

前蹴りで相手を突き放す名高

 ラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムのミニフライ級の元統一王者である名高エイワスポーツジム(吉成名高=18=エイワスポーツジム)が、現在のオムノーイスタジアムの113ポンド王者のエッグモンコンと対戦した。

 お互い様子見の1Rだったが、第2ラウンドは名高が左ミドル、エッグモンコンがそれを返す展開で、終了このラウンドの掛け率は5-4でエッグモンコンがリードを許すも、3Rからは名高は左ミドル、左ローキックとヒット数を増やし、持ち前のスピードで勝負に出て掛け率を5-3でリードを奪う。

勝利した名高

 第4R、エッグモンコンは首相撲から名高を転かしにくるが、名高もこれを冷静に対処し名高のペースで試合が進み掛け率は20-1で名高に。

 最終Rは、パンチと肘で前にくるエッグモンコンに名高はスピードと前蹴りで突き離す展開で試合終了。ジャッジは3者とも49-47で名高の勝利となり、ラジャダムナンスタジアムのギャンブラーから大歓声が上がった。

 勝った名高は「めちゃくちゃ、強かったです。掛け率も相手の方が上でしたし、距離の取り方がとても上手かったです。とても勉強になった試合になりました」とコメントした。

 また、第9試合は名高の義弟で中学3年生の士門P.Kセンチャイムエタイジム(吉成士門)が出場。対戦相手のペットナムチャイ・シアエークウィセットを1ラウンドから圧倒、3ラウンド膝蹴りで士門がKO勝利した。士門は「もっともっとタイで試合して強くなります」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・奥脇竜哉、ラジャ王者となって初の一戦は強豪ジムのタイ人ランカー=10.31ラジャダムナン

・日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

・那須川天心がムエタイ最強の敵ロッタンに大苦戦、延長戦で辛勝し号泣

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

・【ボクシング】京口紘人を苦しめたムエタイ王者ナコーン「判定で負けたとは思ってない」採点を分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧