TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】井上拓真、最終R追い上げも兄弟勝利叶わず試練の判定負け

2019/11/07(木)UP

井上拓真(左)は最終Rに追い上げるも判定で敗れた

 兄弟初のダブル世界戦は試練--。11月7日(木)のさいたまスーパーアリーナでは、メインイベントの兄・井上尚弥(大橋)とノニト・ドネアのWBSS決勝戦を前に、WBC世界バンタム級正規王者ノルディヌ・ウバーリ(フランス)と暫定王者・井上拓真(大橋)の統一王座決定戦が行われたが、3-0の判定でウバーリが勝利し、井上は王座から陥落した。

 五輪2度出場、世界選手権・銅メダルなど恵まれたアマチュア経験を持つモロッコ系フランス人のウバーリは向き合った時点でフィジカルで上回った印象を与え、最初のさし合いから優位なポジションをつかんだ。そして後ろに構えた左手を連打するなど、積極的に井上の懐に潜り込み、井上はなかなかエンジンをかけられない。2回もウバーリはペースを握っていたが、井上も右カウンターを当てた。3回中盤にウバーリは左を打ち込んでから右アッパーなど一気に連打を浴びせた。その後の井上はクリーンヒットこそ回避するが、リズムに乗ったウバーリは元気のいいまま。

ウバーリの左フックで井上が倒れる瞬間

 そして4回終盤に差し掛かったところで、ウバーリの左フックを受け、一瞬踏ん張ろうとしたがダウンを喫した。この回終了後に公開された採点も37-38、36-39、35-40と一方的にウバーリ。これを聞いて5回のウバーリはやや前進を弱めたが、時折、顔から右ボディブローなどへのコンビネーションを冷静に組み立てた。井上は6回、右を強く振っていき、形勢逆転への糸口を見出そうとして、7回は攻めてくるウバーリにカウンターを合わせた。

 ただ、8回も右ストレートを放った直後にウバーリの左をもらうなど危なかったが、ウバーリが若干失速したこともあって、攻撃の適格性は井上も上がり始めた。8回終了時の採点は74-77、72-79、71-80でウバーリ。9回終了時、「判定では勝てないんだからやるかやられるかだよ!」と井上の父・真吾トレーナーが檄を飛ばす。

最終ラウンドで井上が猛ラッシュ

 しかし11回も力んだ井上にウバーリは細かいパンチを首尾よく当て、最終回もウバーリも守りに入ることなく攻めた。そこに井上は猛ラッシュをしかけるチャンスこそつかんだが、採点の大差は覆せず。王座を統一したウバーリは「井上拓真が相手だったからこそすばらしい試合ができた」と敗者を讃え、フランスとモロッコの国旗を掲げた。

●編集部オススメ

・[前日計量]井上拓真の相手ウバーリ、馬のような筋肉で計量パス

・[前日計量]井上尚弥とドネアが計量パス「勝って大きな試合につなげる」(尚弥)

・井上拓真「兄弟W勝利を」対するウバーリ「彼は私ほど強いボクサーとは戦ってない」

・井岡一翔の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

・井上尚弥「試合まで2日、体調良く最大のパフォーマンス発揮できる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧