TOP > 試合結果 一覧

【K-1 KRUSH】佐々木洵樹が強烈な拳でダウン奪って初戴冠、朝久泰央は三日月蹴りで悶絶KO勝利

2019/11/09(土)UP

※この試合の写真は後ほど追加します

7試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級 33R・延長1R
●クォン・ギソプ(韓国/IB GYM)
判定1-2  ※28-2928-2929-28
○寺島輝(TANG TANG FIGHT CLUB)

 大沢文也と同門で、共にK-1 JAPANグループで活躍する寺島は、強烈なパンチと三日月蹴りを得意としておりこれまで無敗。今回の相手は韓国の団体でチャンピオンとなったファイター。寺島は初の海外選手との対戦に燃える。

 1R、開始直後ギソプが飛び込むようにして左右のフックをヒットさせる。対する寺島はギソプのパンチに対して落ち着いてガードを固めて、左の奥足ローをコツコツ当てていく。ギソプの左右のフックに対しては、返しの左フックをヒット。ギソプは左ボデイから右ヒザを突き刺すが、組んでの攻撃に対して注意が与えられる。

 2R、寺島はガードをしっかり固めて前進して左の三日月蹴りをヒット、ギソプを後退させる。中盤になるとギソプは寺島に左ボディを振るっていく。寺島は三日月蹴りでボディを狙い撃ちすると、ギソプは左ボディやヒザ蹴りで対抗する。寺島は左ストレートをヒットさせるが、ギソプのクリンチによって連打に繋げられない。

 3R、寺島が前半戦同様、密着しながら前進して左ロー、カウンターの左ストレートを振るっていく。ギソプは近距離で左右のフックを寺島に叩き込んでいくが、組んでの攻撃に何度も注意が与えられる。寺島は終盤に左ボディを効かせて、ギソプを後退させ左三日月蹴りをヒット。ギソプはなんとか耐えて右ヒザからの左フックを振り回すと、度重なる組んでの攻撃に対してイエローカードで減点1が与えられた。終盤までお互いパンチと蹴りを出し続けた結果、消耗戦を判定で寺島が制した。


新美(右)が判定勝利した

6試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級 33R・延長1R
佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)※計量失敗
判定0-2   ※29-2829-2929-28
○新美貴士(名古屋JKファクトリー) 
※佐野が前日の計量で900gオーバーしたため、減点1とグローブハンデとなった

判定勝利した新美(右)

 1R、新美が序盤からラッシュを仕掛けてコーナーに佐野を追い詰めてパンチを連打、スピードのあるフックを叩き込んでいく。佐野は新美のパンチに対してしっかりガードを固めてコツコツ右ローを返し、右ミドルで対抗する。終盤には新美は左ミドル、対する佐野は右ミドルをヒットさせ合った。

 2Rになると新美が前進して左ローからの左ストレートを蹴っていく。対する佐野は新美の左の蹴りに対してすぐ様右ミドルを返す。中盤に佐野は新美の前進に対して、ノーモーションの右ストレートを当て込む。新美は下がらずに手数を出し続けて左ミドル中心に攻め立てると、佐野も負けじとワンツーをヒットさせる。

 3R、新美が左ミドルで先制すると佐野は左右のボディを返す。佐野のブロッキングに対して、新美はガードの隙間から左ストレートをヒットさせると佐野は鼻から出血する。佐野は新美の前進に対して飛びヒザや右ストレートを狙っていく。終盤まで打ち合った両者だが大きな差はなく勝負は判定に。計量オーバーによる減点もあって新美が判定で勝利した。

●編集部オススメ

・晃貴が打ち合い予告も佐々木は平常心、朝久・西元は火花散らす=前日計量

・元ボクシング世界王者の山田真子が初陣「自分の活躍を考えるとワクワクする」

・朝久泰央、勝ちKO率100%男・西元に「フルラウンドボコボコにする」

・晃貴、武尊を彷彿とさせるパンチと膝蹴りで初防衛に成功

・新ラウンドガールはauレースクイーン=6.9後楽園大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧