TOP > 試合結果 一覧

【修斗】宇野薫が3年半ぶりの涙の勝利、倉本一真は驚異のジャーマン8発で根津優太を粉砕

2019/11/24(日)UP

宇野が3年半ぶりの勝利、悲願だった「子供たちをマットに上げる」という夢を達成する

サステイン
『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』
2019年11月24日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 第11試合 フェザー級5分3R
●マーカス・ヘルド(ドイツ/GERMAN TOP TEAM/同級ドイツ王者)
一本 2R1分56秒 ※バックチョーク
○宇野 薫(日本/UNO DOJO)

宇野は1Rはヘルドのグラウンド技術に押され劣勢、あわやバックチョークの場面も

 宇野は1996年10月にプロ修斗でデビューし、1999年5月に修斗世界ウェルター級王座を獲得。2001年2月には『UFC』に初参戦しいきなりタイトル戦に抜擢。惜しくも敗北を喫したが、2004年までに3勝(1KO)2敗1分のUFC戦績を残し、日本人のUFC参戦の礎(いしずえ)を築いたパイオニアとして名を馳せた。2017年4月の修斗世界フェザー級王座挑戦から約2年戦いの場から遠ざかっていたが、今年5月に復帰。デュアン・ヴァン・ヘルフォートに判定負けを喫し、今回が再起戦。2016年4月以来の勝利を目指す。

2Rに入ると今度は宇野がグラウンドの主導権を握り圧倒、コントロールの末バックチョークで試合を決める

 対するマーカス・ヘルドは今年1月の『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦』に参戦し、修斗世界王者の斎藤裕と対戦。グラウンドで優勢な場面を作るも、2RKO負けを喫している。1月の時点でのプロ戦績は6勝(5S)5敗。そのサブミッション(関節・絞め技)による勝利は全て1Rでフィニッシュしたグラウンド巧者だ。

 1R、ヘルドのフックをかわし組みついた宇野は、ヘルドの足をかけテイクダウンを奪う。ハーフガードからマウンドポジションを奪うが、下で動き回るヘルドにバックを取られ、あわやバックチョークかと思われたがこれは脱出。しかしこのラウンドは背後を取られたままコントロールされる。

勝利が決まった瞬間宇野は目頭を押さえ男泣き

 2R開始直後もヘルドのフックをかいくぐった宇野がタックルでテイクダウン。上をとったまま動き回るヘルドをコントロールし、背後をとりバックチョーク。会場から声援が上がる中、たまらずヘルドがタップ。この瞬間宇野が約3年半ぶりの勝利を飾った。

 勝利が決まった瞬間、目を押さえ泣き崩れながらマットにヒザを着いた宇野。アナウンサーからマイクを渡されると、マットの上に上がった3人の子供を抱き寄せながら「やっと子供たちをマットの上に上げることができました」と満面の笑み。ずっとトレーニングに協力していたという青木真也をケージに招き寄せ、「やっと言えます。俺たちはファミリーだ」と青木へ感謝の言葉を述べた。

長い間トレーニングに協力していた青木真也を招き入れ「俺たちはファミリーだ」と感謝の言葉を述べる

 そして今回の試合に向けてKRAZY BEEでトレーニングを積んだことを明かし「(山本)KIDが呼んでくれたんだと思います。もう少しだけ総合格闘技やらせてもらいます。見守ってください」と空の上のKIDへの感謝を口にした。

 最後に宇野は「修斗も30周年、宇野薫もまだまだ走り続けます」と高らかに現役続行を宣言した。

●編集部オススメ

・宇野薫、好調に仕上げた肉体披露「お客さんを満足させる試合を」=前日計量

・“韓国アイドルファイター”イェジが計量パス「私は負けない」

・計量クリアーの黒部三奈、世界王座獲得に自信「誰が相手でも勝利する」

・3連勝中の根津優太と“ジャーマン4連発”倉本一真が対戦決定

・最強と中国拳法らしさを目指す散打大会、ジャーマン決める強者出現も宗師苦言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧