TOP > ニュース 一覧

【修斗】“韓国アイドルファイター”イェジが計量パス「私は負けない」

2019/11/23(土)UP

計量をクリアーしたイェジは笑顔を見せた

 11月24日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR FINAL』の前日計量が、23日(土・祝)14:00~都内にて行われた。

 今大会から開催される、修斗初の女子世界王者を決める『SHOOTO Women’s Super Atom weight WORLD Championship(修斗女子初代スーパーアトム級(50kg以下)王座決定トーナメント)』。

(左から)イ・イェジ、梅原拓未、サステイン坂本一弘代表、黒部三奈、ターニャ・アンゲラー

 一回戦は黒部三奈(マスタージャパン)vsターニャ・アンゲラー(ドイツ)、梅原拓未(GRABAKA)vsイ・イェジ(韓国)、大島沙緒里(AACC)vsゼファーニャ・ンガヤ(フィリピン)の組み合わせとなり、11月大会では黒部vsターニャ、梅原vsイェジ、1月26日大会で大島vsゼファーニャの試合を実施。一回戦の勝者3名と、11月大会で決まるインフィニティリーグ優勝者を加えた計4名で再度組み合わせが決まり、3月に準決勝、5月に王座を決める決勝を行う予定となる。

 前日計量でイェジは49.8kg、梅原は48.9kgで計量をそれぞれクリアーした。

15年7月ROAD FC日本大会の前日計量に臨んだ、当時16歳・女子高生のイェジ(右から2番目)。左から2番目は対戦相手しなしさとこ

 その美貌から“韓国アイドルファイター”として注目を集めるイェジは柔道、キックボクシング、韓国の打撃あり柔術ゴンコンユスルをバックボーンに持ち、韓国のMMAイベント「ROAD FC」期待の新鋭と評され、16歳で大ベテラン、しなしさとこを相手にMMAプロデビュー(イェジが2RTKO負け)。その後、プロ5戦目となった2017年3月にしなしとの再戦で圧倒する成長ぶりを見せた。今年7月、修斗での黒部戦では、敗れたもののギロチンチョークで黒部をあわやという所まで追い込むなどのアグレッシブなファイトスタイルが評価され、今回トーナメントメンバーに大抜擢された。

 計量を終えたイェジは「これ以上私は負けません」と日本での連敗は許されないと崖っぷちの覚悟を語った。 

梅原とイェジが並んでファイティングポーズ

 そのイェジと一回戦で対戦する梅原は3歳から柔道を始め、空手・ムエタイと打撃経験も豊富。昨年行われた『AbemaTV』の人気番組、格闘技界の原石を発掘するリアリティーショー『格闘代理戦争3rdシーズン ジョシカク編』に、元ライトヘビー級キングオブパンクラシスト菊田早苗の推薦選手として出場し、一気に名を上げた。

 イェジ戦に向けて意気込みを聞かれると「相手は心身共に強い選手ですが、動画を見てたくさん作戦を練ったので、勝てるように頑張ります」と自信に満ちたコメントを残した。

☆11.24 修斗 試合順・対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・“女王”黒部三奈が韓国美少女ファイター・イェジに鮮烈一本勝ち=2019年7月

・初代女子王座Tに“チーム・ラカイ”からの刺客ゼファーニャが参戦、トーナメント組み合わせ決まる

・元JEWELS女王・黒部三奈が電撃参戦、初代女子王座を見据え「レベルの違いを見せつける」

・イェジがしなしさとこを相手に健闘もTKO負け=2015年7月

・11.24 宇野薫、好調に仕上げた肉体披露「お客さんを満足させる試合を」=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧