TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】緑川創が大苦戦もWKBA王座防衛、ぱんちゃんがタイの美女戦士を圧倒し初KO勝利

2019/12/08(日)UP

ガムライペットの技術に手を焼くも右ボディを打ち込み続けた緑川が勝利しタイトル防衛

新日本キックボクシング協会
『SOUL IN THE RING CLIMAX』
2019年12月8日(日)東京・後楽園ホール

▼第11試合 スペシャルメインイベント WKBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R
○緑川 創(藤本ジム/同級王者)
判定2-0 ※48-48、49-48、49-48
●ガムライペット・アヨタヤーファイトジム(タイ/フランス2018コンフォータブル・フォー王者/挑戦者)
※緑川がタイトル防衛

 初防衛戦を迎える緑川は、3週間前に岡山ジム興行にてチューチャイ・ハーデスワークアウトジムと対戦し判定勝利。3度目のラジャダムナン王座挑戦に向け、強豪タイ人連続撃破を狙う。

ガムライペットは緑川の前進をタイミングのいい左の蹴りで寸断、緑川は攻め込み切れない

 1Rは静かな立ち上がり。単発でロー、フックを打ち合う中、緑川が強い右ローを当てるとガムライペットはニヤリと笑い、左ローを打ち返す。緑川がパンチをまとめロープに追い込むもクリーンヒットは無く、ガムライペットも左ロー、左ハイを連打するが緑川はスウェーでよける。

 2R開始早々ガムライペットのファウルカップの紐が切れてしまうアクシンデント。再開後にプレッシャーをかけるのは緑川だが、前蹴り、ジャブの打ち終わりにガムライペットは奥足へ左ロー、左ミドルを返し緑川の前進を寸断する。

緑川はガードを固めるガムライペットにラッシュを仕掛け、ヒットは少ないものの印象を良くした

 3R、緑川がパンチを上下に散らし、右のボディがよく当たる。しかしガムライペットは緑川の打ち終わりに左ロー、右フックを返し緑川を下がらせる。緑川の入り際に合わせる左ロー、ミドルがよく当たり良い印象。

 4R、緑川がパンチの回転を上げ右ボディから左フックをヒットさせるがガムライペットは両手を広げ余裕のアピール。カウンターで当てる奥足への左ローで緑川がバランスを崩すシーンもあるが、緑川はよく入りの右ボディをヒットさせる。手数は緑川がやや多いが、打ち合いの終わりはガムライペットの攻撃で終わる。

ガムライペットの減点もあり2-0の僅差防衛を果たした緑川には笑顔はなかった

 5R開始直後、ガムライペットが再三の注意にも関わらずバッティングとローブローを改めないため減点1。緑川がプレッシャーを強め右ボディから顔面への左フックを返し、ガムライペットの顔面にクリーンヒットする。ガムライペットは下がるも流しではなく押されている印象。緑川が左右パンチで前進し、ガムライペットは左ミドルで押し返す流れの中終了のゴングが鳴った。

 判定は2-0で緑川。減点が無くてもベルトの移動は阻止できてはいたが、緑川は思う通りの試合展開ができなかったのか、納得いかないといった表情を浮かべた。

●編集部オススメ

・緑川がタイトル戦に意気込み、勝次と丹羽が王者対決へ火花「道場破りのつもりで」(丹羽)=前日計量

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

・12.8 最強ツインズ江幡兄弟がエキシで対戦=弟・塁は大晦日に天心と対戦

・レベルス、MAとの対抗戦が決定、丹羽圭介が”無双ビート”で勝次攻略宣言

・ぱんちゃん璃奈、日タイ美女対決に「攻撃でもルックスでも勝ってるから大丈夫!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧