TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】2年3か月ぶり復帰のモハン・ドラゴンが剛打でダウンを奪い勝利

2019/12/29(日)UP

2年3か月ぶりのモハン・ドラゴンが変わらぬ剛打でダウンを奪取し勝利

谷山ジム
『Bigbang-統一への道-37』
2019年12月29日(日)東京・後楽園ホール

▼第13試合 メインイベント第3試合 ウェルター級王座決定戦 3分3R延長1R ビッグバンルール
○モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)
判定3-0 ※29-27、29-28、29-27 
●ジョージ(フリー)
※モハンがタイトルを獲得

ジョージはモハンの強打に退かず真っ向勝負、大ぶりのモハンのパンチの内側からストレートを打ち抜く

 モハンはネパールからの留学生として来日し、K-1のリングに憧れてキックボクシングを始めるとその才能を開花。豪快なパンチとファイティングスピリッツを武器に真っ向勝負を挑み続け、2012年1月にMA日本スーパーライト級王座を獲得。2016年にはK-1初代ウェルター級王座決定トーナメントに抜擢され、決勝で現王者の久保優太に判定で敗れるも、大会MVPを獲得する活躍を見せた。
 それ以降は新宿で営む料理店の経営に集中していたが復帰。元RISE新人王のジョージを相手に格闘家人生の第2章の幕を開けられるか。

 1Rからモハンが左右のフックを強振。鈍く重い音を響かせながらジョージをコーナーに詰めるが、がっちりとガードを固めたジョージは耐えきると、スイングの大きいモハンのパンチの内側から右ストレートをヒット。モハンが前に出てくるところにカウンターのヒザを腹に突き刺す。

タイトルを奪取したモハンはベルトを腰に巻き喜びを爆発

 プレッシャーをかけ前進するのはジョージ。固いガードから右ストレートでモハンを押し込むが、モハンは手数を緩めずお構いなしのフック連打。ついに右フックがジョージの横っ面をとらえ、座り込むようにジョージがダウンを喫する。
 しかし立ち上がったジョージはプレッシャーを緩めずパンチの応酬に。ラウンド終盤まで両者手を緩めず、モハンは右フック、ジョージは右アッパーをよく当てる。
 3Rも最初から最後まで両者拳を投げつけ合うかのような打ち合い。何度も顔面をとらえるが、両者ぐらつくも最後まで耐えきり終了のゴング。
 ビッグバン史上に残るような壮絶な打ち合いは、ダウンの差でモハンの勝利。2年3か月ぶりのリングを勝利で飾り、ビッグバンのベルトを腰に巻いた。

 モハンは興奮気味に早口の日本語で「おかげさまで僕チャンピオンになりました!42歳です!」とお世話になったという関係者に挨拶。多くのファンや同郷の友人らからの祝福を受けた。

●編集部オススメ

・モハン・ドラゴンが2年3か月ぶり復帰戦「第二モハンサーカスが始まります」

・【RIZIN】那須川天心vs江幡塁は国内頂上決戦の声、那須川は「パフォーマンス楽しみ」

・【K-1】久保優太が王者に輝く、モハン・ドラゴンの健闘も光る=2017年9月

・【RIZIN】那須川と対戦の江幡塁「見たことのない戦いになる」三浦春馬も共に入場か

・【BELLATOR JAPAN】筋肉美女の渡辺華奈が6パック腹筋、相手は謎のマント着用で共に計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧