TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川と対戦の江幡塁「見たことのない戦いになる」三浦春馬も共に入場か

2019/12/28(土)UP

神童との国内頂上決戦に挑む江幡塁「大晦日は男と男の戦い」と正々堂々戦いを挑む構え

 12月31日(火)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.20』に出場する選手の個別インタビューが、28日(土)都内にて行われた。

 第14試合RIZINキックボクシング特別ルール3分3R/延長1R(56.0kg)に出場する江幡塁(28=伊原道場)がインタビューに応じた。

 江幡は今回対戦する那須川天心(21=TARGET/Cygames)との戦いの展開を「皆さんが見たことのない戦いになるんじゃないかというのは肌で感じています」と予想した。

那須川天心と江幡塁がフェイスオフ(12月5日、対戦決定会見)

 28日フジテレビで放映予定の『FUJIYAMA FIGHT CLUB』(26:25~27:25)の収録において、江幡は那須川の動きを初体験。その感想や自分自身のコンディションを踏まえ、観客へ未知の体験を提供できるという結論に至ったという。那須川の動きを直接見たことにより「イメージしていた感覚がリアルになって自分自身に落とし込めた」と、那須川との戦いをより明確に想像できると自信を見せている。

国内の有力サウスポーをなぎ倒してきた江幡は3年半無敗、日本人無敗、11連勝中と破竹の勢い

 江幡が所属する新日本キックボクシング協会は、基礎を大切にすることを掲げる団体。江幡自身も基本に忠実なキックボクシングを体得しているといい、那須川の多彩な攻撃にも「どんなパターンが来てもぶれない強さを見てもらえると思います」と絶対的な自身を見せた。

 このインタビューの前に行われた那須川のインタビューでは「団体の看板を背負って戦う」という姿勢が見られたが、江幡もまた「(団体を背負って戦うのは)僕もすごく楽しみですし、今までも協会の看板を背負って戦ってきまいた。これからも協会、道場、そして伊原会長の名前を背負いながら戦います」と背負う物の大きさを見せた。しかし那須川との戦いは「背負っているものがあるから楽しみというわけではなく、大晦日は男と男の戦い」と一人のキックボクサー同士としての戦いであるという構え。「対峙すること自体が楽しみ」と、純粋に戦いが待ち遠しいようだ。

夢である兄・睦(右)と親友・三浦春馬と3人での入場は実現なるか

 先日行われた公開練習の際には、双子の兄・睦(28=伊原道場)と、小学生時代からの幼馴染である俳優・三浦春馬と一緒に入場することを示唆した江幡。残念ながら現時点では三浦との入場ははっきりとは決まったわけではないというが、「(兄と三浦との)3人の晴れの舞台でもある」と語った夢の実現に期待を寄せる。

 多くの人々の夢を背負った江幡。キックボクシング史上最高傑作と呼ばれた神童と拳を合わせる日はもう目の前だ。

☆12.31『RIZIN.20』対戦カード、イベント情報はこちら

 ▼那須川と江幡塁の公開対面練習(21分40秒から)

●編集部オススメ

・江幡塁、那須川天心の“リスク冒す”宣言に「来るならKO決着」

・江幡塁を支える親友・三浦春馬のサポート、夢の舞台へ共に入場か

・那須川天心、江幡塁のパンチは「早いうちに見切る」リスク辞さず攻めると予告

・榊原代表が那須川天心と江幡塁のマッチメイク、各団体との協力関係の想いを語る

・江幡塁が那須川vsメイウェザー語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧