TOP > 試合結果 一覧

【ムサフェス】格闘技とロックの融合、元ラジャ王者のT-98がオランダ代表に勝利

2020/01/13(月)UP

パウンド・フォー・パウンド
『MUSASHI ROCK FESTIVAL2020』
2020年1月13日(月・祝)東京・豊洲PIT

 元K-1ファイターの武蔵が主導した音楽とキックボクシングの融合をテーマとしたイベント「MUSASHI ROCK FESTIVAL2020」。会場となった豊洲PITには超満員の観客が訪れ、武蔵と親交のある5組のアーティストのライブと、武蔵が選抜した日本代表とピーター・アーツ、アーネスト・ホースト選抜のオランダ代表による3試合のキックボクシングに熱狂した。


T-98が打たれても退かず右ローを積み重ねペースを掌握、判定勝利を手にした

▼第2試合 ミドル級72kg契約
●イリアス・ボカユア(オランダ)
判定0-3 ※27-29、27-30、27-30
○T-98(クロスポイント吉祥寺)

ボカユアは多彩な攻撃と豊富な手数でT-98を攻めるがT-98はひく様子を見せない

 T-98は元ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者。”ムエタイゴリラ”の異名を持ち、パンチが効いたことがないという無類のタフネスぶりを誇る。
 対するボカユアはアーツの愛弟子の一人。身長184㎝の長身から繰り出す伸びのあるストレートとヒザが武器。昨年5月にMA日本スーパーウェルター級王者・真樹親太郎を1RKOに葬った強打を最大の武器としている。「ロックよりキックの方が熱い」と言い放ったT-98は前言通りの会場爆発を狙う。

 1R、ボカユアは長いリーチを活かし左右ストレート、右ミドルをテンポよくT-98に打ち込むが、T-98は構わずに前進。ボカユアは組んでヒザを打ち込むが、組んで1ヒットだけ認められるところ、2回連打してしまい注意。T-98がさらに圧力を強め、ボカユアが下がり始める。ラウンド終了直前にはボカユアが拍子木をゴングと間違え棒立ちになるシーンがあったが大事には至らず。

最終ラウンドまで打ち合いを見せるが最後までT-98がペースを握り続けた

 2R、前ラウンドに続き圧力を強めるとボカユアは後退を続けパンチを連打、終盤にはボカユアの横っ面に右フックを直撃させる。

 3R、開始早々にに激しい打ち合いとなるもT-98が前進し、ボカユアが下がる構図は変わらず。手数は減らさずにパンチ、ミドルを出し続けるもボカユアだが、T-98は全く効いた素振りを見せない。中盤の打ち合いの最中に背を向けたボカユアにレフェリーはダウンを宣告。不服そうな表情のボカユアだったが抗議は認められず再開。最後まで打ち合いを続けたが、T-98の前進が止まらないまま試合終了。ジャッジ3者の支持を集めT-98が判定勝利を収めた。

▶︎次ページはオランダヘビー級に山下力也がTKO負け

●編集部オススメ

・武蔵、格闘技×ロック融合イベントに「すごいパワーが生まれる」と自信、アーツ&ホーストも結集

・【グラビア】元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

・アーツの愛弟子と戦うT-98「すぐ終わるので目を離さないで」とKO宣言=全選手計量パス

・【RIZIN】榊原代表が格闘技オリンピック開催に言及、五輪後はアスリートをスカウトも

・【ボクシング】元日本王者・土屋修平が危機感 ”他格闘技に負けないコンテンツを”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧