TOP > 試合結果 一覧

【Krush】ゴンナパーがV2達成でK-1王座挑戦アピール、山崎秀晃が豪快KO勝利で「Krush愛してます!」

2020/01/25(土)UP

強烈な左をヒットさせる里見(左)、タフな金子にKO勝利

K-1実行委員会
『Krush.110』(3P目)
2020年1月25日(土)東京・後楽園ホール

▼第6試合 Krushライト級 3分3R・延長1R
◯里見柚己(K-1 GYM横浜infinity)
KO 3R 2分02秒 ※左ストレート
●金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)

 里見はライト級へ転向しての初戦となった昨年6月の両国大会でK-1初出場を果たすも、大沢文也に判定で敗れ、続く9月のKRUSH後楽園大会では横山巧にKO負けを喫し、今回は巻き返しのためにも大切な試合となる。サウスポーから繰り出される左ストレートが武器だ。

打ち合いに挑む金子(右)逆襲及ばずKO負け

 金子は日本人として初めてミャンマーラウェイの現地王者となった実績を引っ提げ、昨年11月24日のK-1横浜大会でK-1ライト級王者・林健太との“王者対決”でパンチで1Rから打ち合いとなったが、2RでKO負けを喫した。今回が再起戦だ。

 1R、サウスポーに構えた里見が開始直後、左のヒザで飛び込んでいき、左のローやミドルを散らしていく。金子もサウスポーで右ミドルを当てる。中盤以降は金子が飛び込みのフックを狙っていき、里見が左のショートを合わせていく展開に。

 2R、序盤から里見が左ロー、金子が右ミドルと蹴りを当て合う。中盤以降には里見が余裕を見せ、出血しながらもバックスピンキックからのパンチの連打を見せる。連打に巻き込まれる金子だが、必死に右フックを放ったところでゴング。

この右を効かせて里見(左)がKO勝利

 3R、序盤は金子が意地で前に出て右の渾身のフックを里見の顔面にクリーンヒット、後退する里見に対してガンガン前に出て左右のフックをボディに打ち込んでいく。足がふらつき鼻から出血している里見だが、何とか耐えて打ち合いの中で左ストレートを当て返す。

 下がらない金子はフックを振り回して打ち合いに持ち込むが、里見のショートの左がヒットして遂にバランスを崩したように倒れるとレフェリーがダウンを宣告。立ち上がった金子に、里見が気迫のラッシュを見せてパンチを連打、バックスピンキックも見せて左ストレートを打ち抜くと、金子は大の字になってダウン。そのまま里見がKO勝利した。

 勝利した里見は「頑丈で本当に強かったです。ありがとうございました。去年悔しくて練習して、3月のK-1で自分はこんなもんじゃないところを見せたいので、頑張ります。納得いく試合じゃなかったけど、また頑張るので里見柚己を覚えて帰ってください」とアピールした。


このバックブローで東本(左)がリベンジ&連敗脱出した

▼第5試合 Krushライト級 3分3R・延長1R
●川﨑真一朗 (月心会ラスカルジム)
TKO 1R 2分50秒 ※左バックハンドブロー
◯東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

 川崎は大阪の名門チームである月心会所属で、一昨年12月に東本央貴、昨年3月のKrushでは瓦田脩二にKO勝利するなど3連勝。8月のK-1 では前Krushスーパー・ライト級王者・篠原悠人に惜しくも敗れたが、激戦でファンの心を掴み会場を沸かせた。今回が再起戦となる。

 対する東本は一昨年12月に川崎に延長判定で敗れているため、リベンジに燃える。得意の左ストレートや左ミドルで川崎を封じることができるか。現在、一昨年の川崎戦から4連敗を喫しているため、なんとか連敗ストップしたいところだ。

 1R、サウスポーの東本が積極的に左ミドルや左ローを走らせると、川﨑も落ち着いて鋭い右ローを返す。東本は遠い距離からの飛び込んで左ミドルを狙っていく川﨑は徐々に距離を詰めて左ジャブからショートの右をヒット。徐々に圧を強める川﨑がフックを狙おうとしたところに、東本の不意打ちの左バックブローが炸裂。川﨑が吹っ飛ぶ様に倒れて座り込む様にしてダウン。何とか立ち上がったが川﨑は足元がおぼつかなく、レフェリーが試合を止めた。

 東本が連敗を4でストップして、嬉しいKO勝利。川崎にリベンジを達成した。勝利した東本は「久しぶりに勝てました。ちょっと試合のこととは違うんですけど、町田のバーガー屋さんで店長やっていてぜひ来てください。ちょっと宣伝させてください」と嬉しそうに集まったファンにメッセージを送った。

▼次ページはRUIvs中平の重量級対決、松下大紀vsEITOほか

●編集部オススメ

・王者ゴンナパーに挑む横山巧「Krush=KO」と破壊のリング体現を約束=前日計量

・山崎秀晃が“公開処刑”宣言、堀井翼は「俺の顔でゴールデン・フィスト受けてやる」

・【グラビア】元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

・”女子高生最強決定戦”か、MOEがムエタイ世界王者パヤーフォンと対決

・美女ファイター・菅原美優が計量パス、終始笑顔で「楽しんで戦えるかな」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧