TOP > 試合結果 一覧

【NKB】田村聖が右フック一閃でミドル級T制覇、髙橋亮が強烈左ローでTKO勝利し村田裕俊との決勝戦へ

2020/02/08(土)UP

実力見せつけ田村(右)がKO勝利でトーナメント制覇

NKB日本キックボクシング連盟
『NKB 2020 交戦シリーズ 1st』
2020年2月8日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント PRIMA GOLD杯 ミドル級トーナメント決勝 5R(延長1R)
◯田村 聖(拳心館/NKBミドル級前王者、現1位)
KO 1R2分4秒 ※右フック
●清水 武(sbm TVT KICK LAB../WPMF初代&第3代スーパーウェルター級王者)

田村(右)がこの右ローを効かせた

 PRIMA GOLD杯は19年4月より行われてきたミドル級トーナメントで、主催のNKBを始め、J-NETWORK、新日本キックボクシング協会、MA日本キックボクシング連盟などの団体から8人の王者クラスの選手が出場。決勝戦は2019年10月12日の後楽園ホール大会にて予定されていたが、当日は台風19号の影響で中止に。よって今大会で決勝戦が行われることになった。

 田村はトーナメント1回戦で前J-NETWORKミドル級王者の吉野健太郎を右フックで失神KO、準決勝もジャパンキックミドル級1位の今野顕彰を右フックで粉砕し、連続KOで決勝進出を果たした。

 対する清水はこのトーナメント1回戦でレジェンドファイターの郷野聡寛をヒジで斬り裂きTKO勝利、2回戦ではNKBミドル級王者の西村清吾 (TEAM KOK)に勝利した小原俊之からまたもやヒジでカットを奪いTKOしている。

田村のこの右フックが炸裂した

 1R、序盤から田村が何度も右ローを強打して、清水の足が流れる場面が増える。清水はスイッチしながら組んでのヒジを狙っているようだが、田村の右ローにダメージあったか動きが鈍る。下に意識を向けられた清水に、強烈な右フックをクリーンヒット。これに清水がバッタリと大の字の倒れてダウン。何とか立ち上がった清水だが、足元がおぼつかなく田村が圧巻のKO勝利。トーナメントを制覇して賞金30万円を手にした。

 トーナメントを制覇した田村は「新潟から沢山の方の応援ありがとうございました。優勝したら、NKBのベルトが欲しいのでチャンピオンの西村さんとやらせて欲しいです。これからさらに、ベルト獲って盛り上がるので応援よろしくお願いします」とコメントした。


カウンターを合わせる髙橋(左)

▼セミファイナル ジャパンシフトランド杯 59kgトーナメント準決勝 3R(延長1R)
○髙橋 亮(真門ジム/NKBフェザー級王者)
TKO  1R 1分13秒  ※セコンドからのタオル投入
●コッチャサーン・ワイズディー(Y’ZD GYM/元ルンピニー スーパーバンタム級7位)

強烈な左ローをヒットさせる髙橋(左)

 髙橋は関西を主戦場とする”髙橋三兄弟”の次男。2017年に初参戦した「KNOCK OUT」で小笠原瑛作とダウン応酬の激戦を繰り広げ、その名を全国区に知らしめた。減量苦から十分なパフォーマンスを発揮できない時期もあったが、今年6月に階級を上げNKB二階級制覇を達成。1回戦は一仁に判定勝利を収めて準決勝に進出した。

 対するコッチャサーンは元ルンピニー7位という実力者。本場ムエタイで磨き上げた実力で王者クラスが集う本トーナメント制覇を狙う。1回戦は藤野伸哉と対戦して、延長までもつれる接戦を展開して判定勝利した。

 両者は2018年2月に初対決し、髙橋が判定3-0で勝利を収めている。2度目の対戦となる今回、勝利してトーナメント決勝に駒を進めるのはどちらか。

 1R、サウスポーの髙橋が左ローで先制すると、コッチャサーンが右ミドルを返す。ガードをしっかり固めてプレッシャーをかけるコッチャサーンに、髙橋が左のカーフキックや左ローを走らせるとコッチャサーンはうずくまり、髙橋の強烈な左ローの追撃にたまらずダウン。何とか立ち上がるが、足に力が入らず棒立ちになってしまったコッチャサーンに、髙橋がパンチからの左ローを強打すると、コッチャサーンはダメージが明らかになりセコンドからタオルが投入された。髙橋が圧倒的な実力を見せつけてTKO勝利、決勝進出を決めた。

決勝で対戦する村田(左)と髙橋(右)

 勝利した髙橋は「コッチャサーン選手、今日はありがとうございました。あと、会場に来てくれた皆さんありがとうございました。(村田を前にして)この決勝が見たかったと思います。僕が倒して気持ちよく引退させてあげるんでよろしくお願いします」とコメント。

 前の試合で判定勝利して決勝進出を決めた村田がリングに上がって「次の対戦相手は(髙橋だと)予想していて戦いかった相手で、最後に亮選手を倒して引退したいと思います」と意気込んだ。引退宣言している村田は有終の美を飾れるか。もしくは髙橋が若さで飲み込んでしまうのか注目だ。

●編集部オススメ

・村田裕俊が引退かけた一戦に競り勝ちトーナメント準決勝進出、髙橋亮は苦戦もダウン奪い勝利

・賞金T決勝、連続KOの田村聖「気分はタイソン」連続TKO清水武「ヒジで切る」

・【BOM】奥脇奈々が計量パス「朝・夜猛練習した」MIREYはスピードに自信

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・「ザ・グレイテストボクシング」が2020年のリングを彩るラウンドガール募集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧