TOP > 試合結果 一覧

【シュートボクシング】海人がブアカーオからの刺客に敗れる、町田光のジャーマン炸裂、女神はsasoriにダウン奪われ初黒星

2020/02/16(日)UP

右ストレートを叩き込む伏見(右)

一般社団法人シュートボクシング協会
『SHOOT BOXING 2020 act.1』(6P目)
2020年2月15日(土)東京・後楽園ホール

▼第5試合 SB日本バンタム級(52.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本バンタム級1位)
判定0-2  ※28-29、29-29、28-29
◯伏見和之(シーザー力道場/SB日本バンタム級2位)

 SB最軽量であるバンタム級の王者である川上叶に首を狙う両者の対戦が実現した。佐藤はトリッキーな足技が武器で、伏見は50戦を超えるベテランファイターで前回から階級を下げての参戦になる。

 1Rからステップを踏みながら鋭い左ローを放つ佐藤に、伏見がじりじりプレッシャーをかけて、左ボディからの右フックを見舞う。終盤に伏見が右ストレートをヒットさせると、左右フックをまとめる。耐えた佐藤は飛びヒザで応戦する。

 2Rも伏見が圧をかけて、ワンツーを振るうと佐藤は左ミドルや前蹴りで牽制する。終盤には佐藤の右フックで伏見が一瞬ふらつく。3Rになると伏見が前進して左ヒザからの左ボディフック、さらに右のフックを見舞う。佐藤も左ミドルで応戦するが、佐藤の圧力やパンチに下がってしまう場面が増え、判定で伏見が勝利した。


村田(右)が増井(左)と果敢に打ち合う

▼第4試合 SB日本ライト級(62.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
◯村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)
延長判定 ※10-8、10-9、10-9
●増井侑輝(真樹ジムAICHI/SB日本ライト級3位)
※本戦判定は三者とも29-29

 村田は無尽蔵のスタミナから繰り出される手数でこれまで前口太尊やマサ佐藤といった強豪に勝利。前戦となった東修平との1戦でもバチバチの打ち合いの末に勝利している。対する増井は常に複数団体の上位ファイターとして君臨する強豪だ。

 試合序盤は前進する増井に村田がワンツーを当てる。下がらない増井は左ストレートや左ミドルを放つ。2Rには村田がパンチのコンビネーションを見せ、組んでバックドロップを狙うが、増井がロープを掴んで投げを回避したとしてイエローカードが与えられた。

 3R、開始後すぐに増井が左ストレートを何度もヒットさせ、左ミドルを放つ。村田は鼻から出血するが右フックを返す。3Rでは差がつかず延長戦へ。4Rは序盤に増井が左ストレートをクリーンヒットさせるが、村田がここで渾身の右の首投げでシュートポイントを奪う。残り30秒で、村田が左右のフックからの右アッパーで増井を追い込んで試合終了。

▶︎次ページは太聖vs村田義光ほか試合結果

●編集部オススメ

・王者・海人と対戦のムエタイ王者「ブアカーオからKO指令出た」=前日計量

・2.15 SB 女神とsasoriが計量パス「面白い試合になる」シーザー会長

・居合パンチの町田光、”忍者”宮越慶二郎を「投げまくってやる」=前日計量

・S-cupガールズ決定、過去最多の15名に

・海外女子ビキニの頂点はタイのコンサンに決定、格闘技レジェンドも来場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧