TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】UFC帰りの堀江圭功が国内復帰戦に勝利、内村洋次郎との流血の打撃戦を制す

フォロー 友だち追加
2020/02/16(日)UP

2018年以来の勝利を掴んだ中島が全身で喜びを表現した

パンクラス
『PANCRASE 312』(3P目)
2020年2月16日(日)東京・スタジオコースト

▼セミファイナル フェザー級 5分3R
○中島太一(パラエストラ東京/同級6位)
判定3-0 ※29-28、30-27×2
●ボリス・フェドロフ(ロシアパンクラチオン ハバロフスク)

中島の打撃がヒットする

 強靭なフィジカルを活かしたアグレッシブな戦いが特徴の中島。しかし2019年は2戦2敗と厳しい状況。連敗脱出を目指す。
 対するは右のパンチとレスリング力を武器とするロシア人ファイターのボリス・フェドロフ。MMA戦績は10勝2敗で、これまで5つをKOで勝利した強打者だ。

 1R、中島は片足タックルからケージに押し込み、胴に組みついてテイクダウン。フェドロフはガードポジションを取るとケージを使って立つ。

アグレッシブに打撃で攻めるフェドロフ

 しかし中島はフェドロフのバックについて前に倒すとバックを狙いつつコツコツとパウンドを打つ。立とうとするフェドロフを中島が寝かせつづけラウンド終了。

 2R、フェドロフがワンツーを飛ばした所に中島がタックル。しかしフェドロフはしっかり切ってスタンドへ。中島はさらにタックルへ行くがまたも切られる。今度は右のロングフックを振ってからタックルへ行った中島、テイクダウンに成功するもフェドロフはケージへ身をあずけて立つ。終盤はスタンドの打ち合いになる。

組み技でも優位に攻めた中島(右)

 3R、開始早々に今度はフェドロフがタックル。中島はしっかり切る。ケージ際で四つの攻防になるとフェドロフは中島の内モモへヒザを当てる。離れてスタンドとなると中島のジャブがフェドロフを捉える。中島はスタンドで打ち合うとフェドロフのタックルを切り、組みでも優位に立ち試合を終えた。判定は3-0で中島、タフな試合を制して2018年以来の勝利を手にした中島は試合後喜びで絶叫すると声を上げて号泣した。

▶︎次ページは福島秀和vsブラッディ・ファン

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・UFCから再起戦の堀江圭功が、打撃の大先輩・内村洋次郎と対戦決定

・ケージを彩るラウンドガール、2020年メンバーが語る生観戦の魅力「命懸けでぶつかる姿に興奮」

・44歳・近藤有己「めちゃんこ頑張る!」村山暁洋との元王者対決に挑む

・[計量]“ビルダー系女子”沙弥子がキレた腹筋で計量パス

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧