TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】入江聖奈、日本史上初の女子ボクシング五輪代表に内定

2020/03/09(月)UP

東京五輪代表内定カードを手にする入江聖奈

 3月9日(月)、ヨルダンのアンマンにてボクシング東京五輪アジア・オセアニア予選7日目が行われ、女子フェザー級準々決勝で、入江聖奈(19=日体大)が昨年の世界選手権優勝のネスティ・ペテシオ(28=フィリピン)に右のパンチを的確に決めポイントを重ね、4-1で判定勝ちしベスト4進出。ここで東京五輪枠の上位4名が決まり、女子フェザー級で東京五輪代表に内定した。

 女子ボクシングは2012年からロンドン五輪に正式種目に採用されたが、ロンドン、リオと代表は出ず、今回、日本女子ボクシング史上初の五輪代表選手となった。

入江が勝利し、五輪に内定した瞬間(入江聖奈Twitterより

 昨年の19年はぺテシオに4月の世界選手権で勝ちながら、10月の世界選手権では準々決勝で敗れていた。見事リベンジを果たし五輪内定を決めた入江はTwitterで「オリンピック決めれました!女子史上初のオリンピック&リベンジ出来たので本当に嬉しいです!いつも応援してくださる皆さんのお陰です。明日も頑張ります!」と意気込んだ。

 入江は2000年1月9日鳥取県生まれの日本体育大学1年生。小学校2年生のとき、母が好きだった漫画「がんばれ元気」がきっかけで地元のボクシングジムに入門。2014年、中学生以下の日本一を決める「アンダージュニアボクシング王座決定戦」では中学生女子52kg級で優勝。

 高校では「全日本女子ボクシング選手権大会」ジュニアの部で優勝、高校3年で大学、社会人が出場する全日本シニアの部に参戦しフェザー級で優勝、同年に世界ユースでも銅メダルを獲得している。大学に入ると前述した通り国際大会で活躍、日本女子として初の五輪の切符を獲得した。

●編集部オススメ

・【テレビ】”第2の井上尚弥” 堤駿斗、ボクシング五輪目指す姿を情熱大陸が追う=3.15

・【ボクシング】五輪代表候補ら語る、友人まで強くなる那須川天心の知られざるリーダーシップ

・【レスリング】リオ金・土性沙羅が東京五輪出場を決める、乙黒圭祐は初の五輪代表に

・【フード】しっかり食べてラクやせ!『内臓脂肪を落とす健康レシピ』=女子栄養大学が監修

・【コラム】格闘技の減量はダイエットに有効?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧