TOP > 試合結果 一覧

【ONE】セーマペッチが圧力のロドレックに競り勝ち決勝へ、無敗の絶対王者ノンオーへのリベンジに前進

2020/08/15(土)UP

セーマペッチ(右)がロドレックに判定勝ち、決勝に駒を進めた(C)ONE Championship

ONE Championship
『ONE: NO SURRENDER II』
2020年8月14日(金)タイ・バンコク インパクト・アリーナ

▼バンタム級ムエタイトーナメント準決勝 第一試合
◯セーマペッチ・フェアテックス(タイ)
判定2-0
●ロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)

 現バンタム級王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)への挑戦権をかけた「ONEバンタム級ムエタイトーナメント」の準決勝第一試合。セーマペッチ・フェアテックス(タイ)とロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)が激突した。

ローキックを繰り出すセーマペッチ(C)ONE Championship

 セーマペッチは18年4月に英国を拠点とした団体ムエタイグランプリ(MTGP)ウェルター級世界王者を獲得。同年7月よりONEに参戦。ONE3戦無敗のまま、昨年11月に王者ノンオーとタイトルマッチで対戦。敗れはしたが臆することなく攻撃を繰り出し、カウンターを合わせるなど健闘した。このトーナメントに勝利しノンオーとの再戦を目指す。

 対するロドレックはムエタイの2大殿堂のルンピニーとラジャダムナンのビッグマッチで活躍する人気選手。WMC(世界ムエタイ評議会)世界王者にもなっている。日本では2017年4月『KNOCK OUT』で梅野源治を下しその名を轟かせた。19年6月にONEのデビュー戦ではムエタイルールで参戦しダウンを奪う判定勝利、8月には3RにKO勝利。今年1月には流血しながらもクリス・ショーに判定勝利し、ONE3連勝を飾っている。

ロドレック(右)とセーマペッチが互いの顔にパンチを叩き込む(C)ONE Championship

 1R、ロドレックは徐々に圧力をかけながら様子を見る。サウスポーでリーチのあるセーマペッチはヒジ、ボディストレート、ミドルキックを放ちヒットを奪っていく。ロドレックは被弾しても動じず。

 2Rになるとロドレックはさらに圧力をかけ手数が増える。セーマペッチは下がりロープを背にするもジャブからストレートをヒットさせる。しかし、ロドレックは構わずに前に出て攻め徐々にペースを握り始める。

 3Rもどんどん前に出るロドレック。距離をとりたいセーマペッチは前蹴りを放つと、ロドレックはそれをつかみ右ストレートをヒットさせる。セーマペッチは下がりながらパンチ、ミドルと手数で反撃すると、被弾しても前に出て攻撃を続けるロドレックは途中、自身のペースを掴んだのか笑みを浮かべはじめる。セーマペッチはプレッシャーを強く感じたか呼吸が大きくなってくる。

(C)ONE Championship

 判定となり、アウトボクシングでヒット数ならセーマペッチ、圧力をかけペースを握ったかに見えたのはロドレックだったが、判定はセーマペッチに。王者ノンオーとの挑戦権をかけた決勝戦に駒を進めた。
 8月21日に行われる準決勝第2試合ではクラップダムvsセンマニーが対戦し、その勝者とセーマペッチが後日、決勝で対戦する。

▶次ページはミートサティートvs藤沢彰博、その他試合結果

●編集部オススメ

・8.14バンタム級ムエタイトーナメント決定、セーマペッチとロドレック激突!タイ在住の藤沢が緊急参戦

・8.21“近代ムエタイ最高傑作”センマニーがクラップダムと激突、世界5冠の日本女子Little Tigerが本戦デビュー

・【ONE】那須川天心との再戦を意識か、ムエタイ王者のロッタン「キック世界王者を目指す」

・RIZIN無差別級T準優勝・アリアックバリがONEと契約へ、ヘビー級王者ベラに宣戦布告「私が世界最強だ」

・青木真也、MMA愛で9月に国内参戦を予定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧