TOP > ニュース 一覧

【ONE】“近代ムエタイ最高傑作”センマニーがクラップダムと激突、世界5冠の日本女子Little Tigerが本戦デビュー=8.21

2020/08/04(火)UP

センマニー(右)とクラップダム(左)が対戦決定

 8月21日(金・日本時間)に開催のONEバンコク大会『ONE: NO SURRENDER III』のメインは「ONEバンタム級ムエタイトーナメント」の準決勝となり、センマニー・クロンスアンプルリゾート(=センマニー・サティアンムエタイ/タイ)とクラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)が対戦する。

 この対戦の勝者は後日、8月14日開催の『ONE: NO SURRENDER II』メイン、セーマペッチ・フェアテックス(タイ)とロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)の勝者と優勝を掛けて争い、優勝者は、現バンタム級王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)との対戦が予定される。

2020年1月の健太戦、強烈な左ミドルをヒットさせるセンマニー(C)ONE Championship

 センマニーはムエタイの2大殿堂ラジャダムナンとルンピニーの王座を獲得し、さらにムエタイ世界王座のS1を獲得し 「近代ムエタイの最高傑作」とも称される程の実力者。今年1月にはWBCムエタイ日本王者の健太に判定勝利を収めている。

 対するクラップダムは左ストレートを決め技とする元ルンピニー二階級制覇王者。2018年にはREBELSのリングで梅野源治とルンピニーライト級王座決定戦を争い、4R TKOで勝利を収めて、日本のムエタイファンにも強烈なインパクトを残した。

9つのタイトルを獲得しているLittle Tigerこと宮内彩香

 女子では世界ムエタイ5冠のLittle Tigerこと宮内彩香(36=日本/WSRフェアテックス三ノ輪)がムエタイルールで参戦、マリー・ルーメット(エストニア)と対戦する。

 宮内は日本女子ムエタイ界の第一人者として世界を股にかけ活躍。WMC(世界ムエタイ評議会)とWPMF(世界プロムエタイ連盟)の世界ミニ・フライ級および世界ピン級を制するなど、5つのムエタイ世界王者となった逸材。日本タイトルなどを含めると9つのベルトを獲得してきた。昨年10月の「ONEウォリアーシリーズ」に初参戦し、サンドラ・ゴドヴィクに惜しくも判定負けを喫したが今回、初のONE本戦出場を手にした。

 対するルーメットはエストニア出身のファイター。タイのBear Fight Club所属で身長167cmと、宮内よりも10cm背が高い。お互いONEスーパーシリーズデビューとなる一戦でどのような戦いが繰り広げられるのか、注目が集まりそうだ。

●編集部オススメ

・バンタム級ムエタイトーナメント決定、セーマペッチとロドレック激突!タイ在住の藤沢が緊急参戦

・ロッタンがペッダムを撃破しV3、前進し強烈パンチの猛攻

・スタンプが19歳・スリセンを寄せ付けず圧倒、MMA5連勝を飾る

・Little TigerがWBCムエタイ・インターナショナル王座奪取

・健太、奮闘もセンマニーが優位に試合を進めて勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧