TOP > 試合結果 一覧

【ハードヒット】“ムエタイゴリラ”T-98、プロレスデビュー戦をKO勝利で飾り関根シュレックに宣戦布告

ロッキー川村、連打からのバルボアブローで逆転勝利
2020/08/30(日)UP

ロッキーの右がヒット(c)ハードヒット実行委員会

ハードヒット実行委員会
『ハードヒット「KING OF HardHit初代王者決定トーナメント1回戦」』(3P目)
2020年8月29日(土)神奈川・富士通スタジアム川崎

▼名古屋プロレスBAR「DIVA」presents KING OF HardHit 初代王者決定トーナメント1回戦 3ロストポイント制 10分1本勝負
〇ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
KO 9分21秒 ※左フック
●阿部諦道(浄土宗西山深草派)

アキレス腱固めをかけられ苦悶するロッキー(c)ハードヒット実行委員会

 阿部が掌底を振るって迫るが、ロッキーはこれを見切ってかわし当てさせない。阿部はしかし低空タックルから背後に回り、スープレックスを決めて上を取る。だがロッキーは下から打撃を入れて効かせ上を取る。下となった阿部だが股裂きを極め、ロッキーは悶絶。ここからアンクルホールド、アキレス腱固めと阿部が攻めてロッキーは苦悶でマウスピースを浮かび上がらせる。
 だがここから逃れると、ロッキーは右から左の掌底をフックで決めダウンを奪う。

(c)ハードヒット実行委員会

 立ち上がった阿部はしかし組みつくとロッキーを後方へ投げ、アームロックからクルックヘッドシザース、腕十字と攻める。さらにカニバサミからの膝十字と攻め、ロッキーはたまらずエスケープ。
 立ち上がった両者は掌底合戦。阿部の右ハイキックにフラつくロッキー。そしてバックハンドでの手刀が決まりロッキーはダウン。

 立ち上がったロッキーに阿部は連打でフィニッシュを迫る。しかしロッキーは右フックの連打で迎え撃ち、最後は左フックで阿部を打ち倒してノックアウト。熱戦を制した。

▶次ページも初代王者トーナメント1回戦、和田拓也vs飯塚優、松本崇寿vs岡田剛史

●編集部オススメ

・元ラジャ王者 T-98が旧川崎球場でU系プロレスデビュー決定=8.29ハードヒット

・【ハードヒット】関根シュレック、TKO負けから1週間で復帰へ”ラーメンマンの誕生日にラーメン食べて復活中”

・【DDT】宇野薫の路上プロレスデビュー戦に電流爆破の洗礼、大仁田勝利し引退危機を脱す

・アントニオ猪木酒場がコロナの影響で7月31日で閉店、最終日に別れ惜しむ

・【RIZIN】女子プロレス人気リングアナが異例のラウンドガールに、夢語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧