TOP > 試合結果 一覧

【修斗】1R決着続出!猿丸ジュンジは飯野を下しタイトル戦へ前進、大尊伸光が復活勝利=第1部

2020/09/20(日)UP

ヒザを突き上げる工藤

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.6 Supported by ONE Championship 第1部』(3ページ目)
2020年9月19日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

▼第3試合 ライト級5分2R
〇工藤諒司(TRIBE TOKYO M.M.A.)
KO 1R 2分13秒 ※右フック
●野瀬翔平(マスタージャパン福岡)

工藤の左がヒット

 工藤は極真空手を5歳から10年学んだ後、国士舘大学でレスリングを経験。TRIBE TOKYO M.M.Aに所属し修斗で活躍すると、ONEウォーリアシリーズで3連勝を果たす。前戦は今年4月、格闘代理戦争で話題を呼んだ椿飛鳥に1R左フックでKO勝利を収めている。現在5連勝と勢いに乗る。

 対する野瀬は元世界ライト級王者・弘中邦佳の愛弟子で無敗の22歳。柔道をバックボーンに、デビュー後2つの引き分けを経て、現在4連勝中。修斗での勝ち星2つはいずれもスリーパーホールドと柔道技を活かしている。

この右フックでダウンを奪いKO勝利する工藤

 レスリング出身の工藤に対し柔道ベースの野瀬は組みに出てテイクダウンを狙う。しかし工藤はそれを許さない。スタンドでの組み合いからヒジを振るった工藤は続いてのストレートを効かせ、ダメージを受けた野瀬が組みついてきても引き剥がし、さらに右ストレート、左フックと追い、最後は右フックで打ち抜いてKOした。

 勝利した工藤は14年生きてきた愛犬が昨日亡くなったことを告げ、感謝の思いを伝えた。


川が三角絞めで1R一本勝ち

▼第2試合 ライト級5分2R
〇西川大和(西川道場)
一本 1R 3分23秒 ※三角絞め
●椿 飛鳥(トライデントジム)

 開始すぐに西川が小外刈りでテイクダウン。椿は立ち上がり、逆にリフトして西川をマットに叩きつけるが、西川は下から三角絞め。これをガッチリ極めてタップを奪い勝利した。


鉄槌を連打する中村

▼第1試合 女子51kg契約5分2R
〇中村未来(マルスジム)
判定3−0 ※20−18、20−18、20−17
●永尾音波(AACC)

 打撃戦の1Rでペースを取った中村が2Rにテイクダウンからの鉄槌連打、ニンジャチョーク、終了間際にも腕十字と攻勢で勝利した。

●編集部オススメ

・大尊伸光、1年9ヶ月ぶり復帰戦はマックス・ザ・ボディと筋肉対決「俺のボディの方がマックス」(大尊)

・JKファイター永尾音波が初参戦、西川大和vs椿飛鳥の新鋭対決も

・菅総理の空手師匠は映画「ベストキッド」のモデル、その教えとは

・【DEEP】KINGレイナ、再計量で超過も対戦へ、熊谷麻理奈「やる事は一つ、皆さん私に力をください」

・【ボクシング】10歳天才少年の“神スピード”ミット打ち動画が世界中に拡散、ナイジェリア大臣も“ゴールデンボーイ”と大絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧