TOP > 試合結果 一覧

【修斗】SASUKEが仲山をTKOで破り環太平洋王者に、世界王者・斎藤裕へ対戦要求=第2部

2020/09/20(日)UP

パウンドを振り下ろそうとするSASUKE

サステイン
『プロフェッショナル修斗公式戦 PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.6 Supported by ONE Championship 第2部』
2020年9月19日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-EAST 

▼メインイベント 第4試合 環太平洋フェザー級チャンピオンシップ 5分3R
●仲山貴志(総合格闘技津田沼道場/環太平洋フェザー級王者)
TKO 2R 2分5秒 ※レフェリーストップ
〇SASUKE(マスタージャパン/環太平洋フェザー級1位/挑戦者)
※SASUKEが第11代王者に 

 仲山は20年1月、前王者のTOMAにタイトル戦で挑戦し、僅差のスプリット判定で悲願のベルトを手にした。対するSASUKEは16年にプロデビューしたが、怪我による長期の戦線離脱。3年間のブランクの後、19年の復帰戦から20年5月の西浦ウィッキー聡生戦まで4連勝と波に乗り、今回のタイトル挑戦権を手にした。

SASUKEの左がクリーンヒット

 1R、ローの蹴り合い。SASUKEは足払いでテイクダウン。立ち上がる仲山は左フックを当てるなど積極的にパンチを出し両足タックルにつないでテイクダウン。下のSASUKEはすかさず腕十字の体勢へ。腕は伸び切り、これが極まったかに見えたが、仲山は耐えて腕を抜いて脱出した。

 2R、右ローを当てる仲山に、SASUKEは左フックを合わせてクリーンヒット。倒れる仲山にSASUKEは飛びヒザで襲い掛かり、パウンド連打で追撃。立ち上がる仲山を強引に持ち上げて前方に叩き落とす。そこからもSASUKEはヒザ蹴りを連打しパウンド連打。ここで仲山の動きが止まると、レフェリーがストップした。

第11代王者に輝いたSASUKE

 復帰5戦目でベルトを巻いたSASUKEは「格闘技を始めてチャンピオンになれるとは思ってもいませんでした。大きなケガでブランクを作って、格闘技を嫌いになればどれだけ楽だったか。自分を限界に追い込んで、こうして格闘技でしか肯定できない不器用な人間なので格闘技を続けてきました。修斗にはもう一本のベルトがあります。斎藤(裕)チャンピオンはテレビで売られた喧嘩があるでしょう(RIZINで朝倉未来から対戦アピールされた)。そちらを片付けた後でも僕とやりましょう」と世界王者・斎藤裕との対戦をアピールした。

▶次ページは藤井伸樹vs後藤丈治、ヨシ・イノウエvs飯田健夫、大竹陽vs関口祐冬

●編集部オススメ

・環太平洋王者・仲山貴志が4連勝のSASUKEと初防衛戦に「きっちり仕上げて、全力で闘う」=9.19渋谷

・5連勝中の後藤丈治が初参戦、対する“ゾンビ”藤井にKO宣言=9.19渋谷

・【修斗】1R決着続出!猿丸ジュンジは飯野を下しタイトル戦へ前進、大尊伸光が復活勝利=第1部

・【ボクシング】メイウェザー、今度のエキシ相手は“お騒がせ”ユーチューバーか、年内開催を狙う

・美しすぎる柔道女王ビロディドが美腹筋を披露、三菱モータースのモデルで登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧