TOP > 試合結果 一覧

【UFC】アデサニヤ無敗対決を制しV2達成、ブラホビッチがライトヘビー級王者に

2020/09/27(日)UP

キックを放つアデサニヤ

WME-IMG
『UFC253』
2020年9月27日(日・日本時間)
アラブ首長国連邦アブダビ・UFCファイトアイランド

▼ミドル級タイトルマッチ
〇イスラエル・アデサニヤ(ナイジェリア)
TKO 2R 3分59秒  ※パウンド
●パウロ・コスタ(ブラジル)

V2に成功した王者アデサニヤ(写真は20年3月の初防衛戦)(c)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

 アデサニヤは変幻自在のファイトスタイルで、昨年10月に前王者ロバート・ウィテカーをKOで降し新王者に。今年3月の初防衛戦では挑戦者のヨエル・ロメロから判定勝利を収め、これまで1つも黒星のない“19戦無敗”のパーフェクトレコードを続行している。

 対するコスタは昨年8月ロメロに判定勝利して王座次期挑戦者とされていたが、怪我のため休養、ロメロに挑戦権を譲っていた。コスタも13戦無敗とパーフェクトレコードで、今回はともに無敗同士のタイトルマッチとなる。

 1R、コスタは前に出てプレッシャーを掛けんとするが、アデサニヤはローを入れ、コスタが動くと細かなバック&サイドステップで対応して間合いを保持する。コスタはミドルを打ち込み、手を後ろで組むなど挑発するがアデサニヤは乗っていかない。そしてコスタの脚へ関節蹴り、ローキックを入れる。

 2R、アデサニヤは手を開いて構え、そこからジャブ、ロー、ミドルと放ち、コスタを懐に入れさせない。左ハイもかすめ、コスタを脅かす。右ローを蹴り溜めていくアデサニヤ。これでコスタの注意が散漫になったところでアデサニヤは左フックで打ち抜き、倒れたところに鉄槌、エルボーの連打を送り、レフェリーストップを呼び込んだ。

アデサニヤが背後からパウンド連打でTKO勝利した瞬間(@ufc_jp

 勝利したアデサニヤは「俺は神に見守られているんです。退屈な試合でも、少しクリックすればこういう試合もできるし、それは俺が最強だから。あと、体重を合わせられないのに30%の罰金なんかじゃ足りない、90%罰金を取るべきだ。体重を合わせられないのは本当にダサい」と体重超過に問題提起。

 そして「アンデウソン・シウバが残した素晴らしい記録を追っていく。ロバート・ウィテカー、次はお前だ。僕の最強のサポーター、チームにお礼を言いたい。ずっとテレビで見てるみんな、僕の子犬ありがとう」と防衛を喜んだ。

▶次ページはレイエスvsブラホビッチのライトヘビー級タイトルマッチ

●編集部オススメ

・アデサニヤvsコスタはミドル級頂上対決、予想不利の王者アデサニヤに「新たな武器欲しい」(高阪剛)

・“悪童”ニック・ディアスが復帰へ、弟の因縁相手マクレガーと対戦実現なるか

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

・【ボクシング】”悪童”ネリが快勝で王座返り咲き=体重超過での王座剥奪から2年7ヶ月ぶり

・【UFC】美しすぎる妻ラウンドガール姿を初披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧