TOP > 試合結果 一覧

【UFC】元ボクシング世界王者のホルム、グラウンドでもアルダナを圧倒「さらに総合の技術を学ぶ」

2020/10/04(日)UP

元王者ホルムがオールラウンドのパフォーマンスを見せ快勝(写真は20年1月のラケル・ペニントン戦(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ファイトアイランド4』

10月4日(日・日本時間)アラブ首長国連邦・アブダビ・ヤス島

▼女子バンタム級マッチ
〇ホリー・ホルム(アメリカ)
判定3-0 ※50-44、50-45、50-45
●アイリーン・アルダナ(メキシコ)

 女子バンタム級の元王者であるホルムは、ボクシングでは世界3階級制覇を達成した破壊力ある打撃が武器のストライカー。キックボクシングの経験もあり、過去にロンダ・ラウジーやベチ・コヘイアといった強豪勢をハイキックでKOしている。

 対するアルダナもKO必至のストライカー。2018年から5勝1敗の好成績を残しており、直近となる昨年12月の試合では、それまでMMA10戦全勝だったケトレン・ヴィエラ(ブラジル)から1R KO勝利を奪っている。

ホルムの後ろ蹴りが相手のレバーに直撃する=20年1月(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

 サウスポーのホルムにオーソドックスのアルダナは両者距離を取って展開し、互いに左回りして様子を探る。時おり連打やハイキックでホルムが仕掛ける。そして終盤タックルに出て、こらえるアルダナをテイクダウンして初回を終える。

 2Rもホルムは左ストレートやワンツー連打で出て、3分過ぎにタックルで出てアルダナをテイクダウン。立ち上がり反撃に向かうアルダナだが、ホルムは左ストレートとサイドキックで接近を阻む。

 3Rもホルムはステップを使ってアルダナを追わせ、逆にストレートやハイキックを放ってヒットする。そしてタックルに出てテイクダウン。グラウンドでもサイドからアームロックを狙い、マウントを奪取。そしてパンチ・ヒジ・肩パンチとアルダナを襲う。ここはアルダナが蹴りはなして立ち上がるが、ホルムはやはりサイドキックで詰めさせない。

ホルムはロンダ・ラウジーにパンチがクリーンヒット、これでぐらつかせハイキックでKO勝ちした=15年11月 PHOTO By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

 4Rもホルムはジャブとサイドキックで自分の距離を保つ。追っていくアルダナだが、ホルムはタイミングを見てタックルに出て、そこからこのラウンドもテイクダウン。アルダナが立ち上がってもホルムは戦法を崩さずにサイドキック。そしてタックルも織り交ぜペースを握らせない。

 5Rもホルムは距離を取っての戦いを続行。ジャブ・左ストレート・サイドキックとアルダナに突き刺す。アルダナも右ストレートを返すが、ホルムは足を止めず浅い当たりにとどまらせる。ホルムはタックルから足を刈りテイクダウン。アルダナの立ち上がり際に左ハイキックを打ち込み、さらに左右の連打を見舞い、優位を印象づけて終える。

 判定は50-44、50-45、50-45と大差をつけた3-0でホルム。打撃戦かと思われたが、全ラウンドでテイクダウンを奪ってみせ勝利した。
 打撃、グラウンドともにオールラウンドなパフォーマンスを見せたホルム。試合後インタビューで「私はMMAのこのケージやオクタゴンでボクサーになるために来たのではない。総合格闘技選手になるために来た。そして、それには時間がかかった。 私はまだとても未熟なので、さらに総合の技術を向上させる」と語った。

●編集部オススメ

・【UFC】ホルムがロンダ・ラウジーに衝撃KO勝利

・「パッキャオvsマクレガー」がボクシングで来年対戦へ、マクレガーが練習映像を公開

・【UFC】マイク・タイソンから指導受けたガヌーが秒殺KO​勝利

・皇治「効いてない」発言も那須川天心のテクニック称える

・皇治、那須川戦での作戦と後悔の理由とは、今後の進退も語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧