TOP > 試合結果 一覧

【KROSS×OVER】藤原あらしがヒジで切り裂きTENKAICHI王者を下す、ユウ・ウォーワンチャイは圧巻の1R TKO勝利=第二部

2020/10/26(月)UP

41歳・藤原が宮坂を下しトーナメント決勝進出

KROSS×OVER実行委員会
『株式会社秀拓 presents KROSS×OVER 9』=第2部
2020年10月25日(日)東京・新宿FACE

▼メインイベント(第10試合) 株式会社秀拓 presents KROSS×OVER最強決定ムエタイバンタム級トーナメント1回戦 3分3R(延長1R)
○藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/元WPMF世界スーパーバンタム級王者、他5冠)
TKO 2R 2分8秒 ※右ヒジでカット→ドクターストップ
●宮坂桂介(ポンムエタイジム/TENKAICHIバンタム級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

宮坂は首相撲で藤原を押す場面も見せた

 藤原はキャリア80戦を超える大ベテラン。ルンピニー王座への挑戦経験に加え、WPMF世界スーパーバンタム級を含む六冠を手にした輝かしい実績を誇る。41歳という年齢を感じさせないアグレッシブな試合展開で、現在も各地のリングを沸かせている。

 宮坂桂介は2016年11月にTENKAICHIバンタム級王座を獲得。ベテラン揃いのトーナメント出場者の中ではキャリアが浅いが、2018年9月にはWPMF日本王者・ローズ達也からダウンを奪う快勝を見せ、高いポテンシャルを感じさせる。

 1R、サウスポーの藤原が左ストレート、左ローで距離を詰める。宮坂もワンツーから右ミドルで応戦する。身長・リーチに勝る宮坂が覆い被さるように首相撲を仕掛けると、藤原はジリジリと後退。こかされはしないものの、組みの展開は宮坂やや有利か。

藤原のヒジで宮坂が左目尻をカット、この傷でストップがかかり藤原が勝利

 2R、藤原は中間距離でワンツーから左ミドルのコンビネーションを見せるが、宮坂は積極的に組みの展開へ。藤原は内側から組みにいくが、宮坂の圧力に背筋を伸ばされ、思うようにペースを握れない。

 このまま宮坂のペースが続くかと思われたが、藤原が組んだまま右ヒジを一閃。これが宮坂の左目尻をカットし流血、ドクターチェックが入る。長いチェックの後、レフェリーが大きく手を交差し試合終了を宣告。藤原がヒジ一撃で宮坂を撃破し、トーナメント決勝進出を決めた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


ムエタイ戦士・ユウが山口を圧倒しトーナメント1回戦を勝利

▼セミファイナル(第9試合) 株式会社秀拓 presents KROSS×OVER最強決定ムエタイバンタム級トーナメント1回戦 3分3R(延長1R)
○ユウ・ウォーワンチャイ(UKF世界スーパーバンタム級王者/ウォーワンチャイプロモーション)
TKO 1R 2分42秒 ※スリーノックダウン
●山口隆弥(AFC)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

山口は大振りのパンチに活路を見出すが、ユウにダメージを与えるには至らなかった

 ユウ・ウォーワンチャイは中学生時代からタイを主戦場として戦ってきた筋金入りの和製ムエタイ。本名の大田原友亮の名での試合も含めると、数えるキャリアはすでに70戦を超えている。UKF世界スーパーバンタム級王者の肩書きを持ち、昨年5月には若き三冠王・佐々木雄汰を下し高い実力を示した。

 対する山口はKROSS×OVERのMMAルールを主戦場とするマルチファイター。前回『KROSS×OVER 8』では藤原あらしのKROSS×OVER初参戦試合の相手を務め、2R TKOで敗北している。当初参戦予定だった片島聡志の欠場を受け、急遽参戦が決定した。

 1R開始直後、ユウが強烈な左ミドル。激しい打撃音に会場からどよめきの声が漏れる。山口が近づいてくれば前蹴り、組めばこかし、至近距離でヒザ蹴りとムエタイ技術で翻弄するユウ。山口は接近して右ミドル、左右フックを振るが、ユウの組み技術により攻撃を続けられない。

ユウの首相撲からのヒザで山口はダウン、その後も2度ダウンを追加される

 ユウの左ミドルを受け組みにきた山口を、ユウは首相撲でキャッチ。ほぼ飛び上がりながらボディへ突き刺す右ヒザを受け、山口はたまらず1度目のダウンを喫する。ユウは立ち上がった山口を再び首相撲でつかまえヒザ連打。一度はブレイクで解放されるが、またも首相撲につかまった山口は、今度は左ヒザをボディに突き刺され、2度目のダウンを喫する。

 明らかにボディに効いた様子を見せる山口へ、ユウは執拗なほどにヒザを連打。耐えしのぐ山口だが、すでに手を出す力は無い。最後はブレイク後に距離を詰めたユウの左フックが山口の横っ面にクリーンヒットし、3度目のダウンを奪い、ユウが圧巻の勝利。トーナメント決勝進出を決めた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶次ページはジュニアキック41冠王・曽我のプロルール戦とその他試合結果

●編集部オススメ

・【ムエタイ】梅野源治が1年ぶり参戦、日本人キラー”毒針エルボー”と対戦=12.6BOM

・【DEEP JEWELS】山崎桃子が初めて割れた腹筋を披露、1年2ヶ月ぶり復帰戦への本気度

・RIZINの渡辺華奈ら格闘家がストリートで孤独な練習姿を見せる短編ムービー『Martial Arts Tokyo』が公開

・【パンクラス】ミスター押忍がドクターストップで後輩デビュー戦の来場断念「押忍だな〜」10.25新木場

・【RISE】那須川天心、裕樹のローキック宣言に「貰ったことも効いたこともない。しっかり倒す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧