TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】終了間際のバックハンドブローのKO劇! Krush王者・山際が轟沈

2020/11/08(日)UP

【Bigbang】“特攻”神保克哉が終始攻め続け、王者JOEに快勝

”特攻”神保がパワフルなパンチがリードし勝利

ビッグバンプロモーション
「スーパービッグバン2020」第一部  (2P目)
2020年11月8日(日)東京・TDCホール

▼第8試合 メインイベント第1試合 72kg契約 3分3Rビッグバンルール
●MIKE JOE(BATTLE FIELDチームJ.S.A/Bigbang スーパーウェルター級王者)
判定0-3 ※29-30×2、28-30
○神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

神保の右ストレートがクリーンヒット

 Bigbangスーパー・ウェルター級王者のMIKE JOEは独特のムーブとアグレッシブなファイトスタイルが持ち味。昨年11月のBigbangで小川健晴を破りスーパーウェルター級のベルトを手にした。今年8月の「Krush.116」に初参戦。藤村大輔を判定で下し、K-1グループ初勝利を挙げている。

 対する神保は特攻服がトレードマークのK-1ファイター。特攻精神を前面に出したアグレッシブさと、堅実で緻密なテクニックを共存させたスタイルで会場を沸かせる。

JOEも反撃

 神保は昨年6月にはジョーダン・ピケオーの持つKrushスーパー・ウェルター級王座に挑戦するも判定負け。今年3月のK-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントでは1回戦でエダー・ロープスにKO負けと苦戦が続くが、悲願のベルト奪取に向けBigbanで再起を図るべく、今回も特攻服でリングインした。

 1R、ムエタイのスタイルでゆったりと構えるJOEに対し、サウスポーの神保は左ロー、左ミドルと左の攻撃で攻めていく。

再起戦で勝利し特攻服を着てラウンドガールと共に記念撮影する神保

 2R、圧力をかけアグレッシブに攻める神保にJOEは距離を取り入ってはパンチの連打。前蹴りで距離を取ると再び連打で攻める。しかし、神保は圧力を強めパンチで前に出る。神保が後ろげりを放つとJOEも放つなど互いに引かない展開。

 3R、神保が積極的にパンチを上下に打ち分け、ヒザ蹴りから右ストレートをヒットさせるとJOEが大きくバランスを崩す。試合の主導権を握る。JOEは打開策が見つからないままゴング。終始攻めた神保が判定3-0でBigbang王者に勝利した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶︎次ページは王者・昇也に稲石竜弥が挑む

●編集部オススメ

・【Krush】山際和希が近藤魁成の負傷で王座獲得「実力ではない、更に腕を磨く」

・【ビッグバン】城戸康裕、Krush新王者・山際、防衛戦の駿太ら全員が計量パス

・【UFC】衝撃KO劇、歴史に残るスゴ技が飛び出す=UFC2戦目バックリー(動画あり)

・K-1でコスプレイベント!? 城戸康裕がハロウィン仮装大会2連覇の実力見せつける

・【UFC】世界最強女王ラウジー、ホルムに衝撃KO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧