TOP > 試合結果 一覧

【修斗】DEEP大塚隆史、修斗殴り込み初戦で安藤達也をKO葬

2020/11/24(火)UP

論田(下)にパウンドを見舞う石橋(上)

▼第5試合 フェザー級 5分3R
〇石橋佳大(ZEEKジム/元環太平洋バンタム級王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●論田愛空隆(心技館)

 “修斗の激闘王”こと石橋佳大(ZEEKジム)が約1年半ぶりの復帰戦。対戦相手の論田は一発の破壊力を持つ。1R、テイクダウンした石橋がパウンド連打で追い込むが、耐えた論田がバッグを取りスリーパー、パウンドで反撃。

 2Rもテイクダウンした石橋がスリーパーを極めるが、論田は脅威の粘りを見せて凌ぐ。逆に論田が反撃しバックからチョークを狙う。凌いだ石橋は腕十字を狙うが極めきれない。

 3R、サイドバスターでテイクダウンした論田が上を取り腕十字へ。耐える石橋はアームロック、上からしつこく組み付いて論田の攻めを封じる。バックマウントから石橋はチョーク狙いも、やはり論田が決めさせない。お互いに削り合うハードな消耗戦は石橋が判定で制した。


マッチョ(右)を判定で下した黒澤(左)

▼第4試合 フライ級 5分3R
〇黒澤亮平(パラエストラ松戸/元世界ストロー級王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●マッチョ ザ バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)

 1R、思い切りのいいワンツーを見せる黒澤に、マッチョは左ロー。黒澤のパンチを寸前で避けると組みついてテイクダウンし上のポジションを奪う。立ち上がった黒澤が逆にテイクダウンしたが、マッチョはすぐに立ち上がった。

 2R、しつこく組み付いてテイクダウン狙いのマッチョに対し、黒澤はバックに付くなど攻撃の余地を与えない。3R、マッチョのタックルを凌ぐ黒澤がパンチを当て、スタンドでもプレッシャーをかけていく。疲れの見えるマッチョに黒澤が次々とパンチを当て優勢に試合を進めて判定勝ちした。

●編集部オススメ

・元DEEP二階級制覇・大塚隆史が殴り込み、“怪物”安藤達也が迎える「楽勝に勝てます」(大塚)

・黒部三奈、杉本恵との打撃戦を制し初代女王に、安藤達也はTKO勝利で環太平洋王座に就く

・白川の肩脱臼で大塚隆史がTKO勝利、RIZIN四天王へ「全員ぶっ倒してやる!」と宣戦布告

・MMA引退の赤林檎、女子プロボクシングで「世界を目指す、甘くないのは承知」

・青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧