TOP > 試合結果 一覧

【DEEP】白川の肩脱臼で大塚隆史がTKO勝利、RIZIN四天王へ「全員ぶっ倒してやる!」と宣戦布告

2019/09/08(日)UP

白川(右)が打撃で優位に立つかと思われた矢先、肩を負傷するアクシデントに見舞われる

DEEP事務局
『DEEP 91 IMPACT』
2019年9月8日(日)東京・ニューピアホール

▼第14試合 メインイベント DEEPバンタム級 5分3R
○大塚隆史(T GRIP TOKYO)
TKO 1R26秒 ※白川の肩負傷のため
●白川”Dark”陸斗(志道場)

大塚(右)が白川の首に手をまわした瞬間に白川が苦悶の表情を浮かべタップ

 大塚は打撃&タックルの強さを武器に、長きにわたってDEEP軽量級のトップに君臨。第3代DEEPフェザー級王者、第2代・第5代DEEPバンタム級王者と3度王座に就いた。2017年は「RIZINバンタム級トーナメント」に参戦し、大みそかの準決勝まで進出したが石渡伸太郎に敗れ、2018年8月にはビクター・ヘンリーと対戦したがKO負け。再起を懸けた12月の赤尾セイジ戦では勝利を収め連敗を脱出した。今年5月にグアムのMMA(総合格闘技)団体『PXC』のバンタム級王者トレヴィン・ジョーンズに2Rチョークスリーパーで一本負けを喫し、今回が再起戦となる

大塚(左)は打たれながら白川をつかみグラウンドへ引きずり込んだ

 対する白川はDEEP最激戦区のバンタム級で活躍するTHE OUTSIDER出身のストライカー。RIZINで活躍する朝倉兄弟とも交流を持ち、今年8月には朝倉海の練習相手として「仮想堀口」を務めた。敗北を恐れず打ち込む打撃が持ち味であり、今年4月の大阪大会では釜谷真にリアネイキドチョークで敗れたもののKO寸前まで追い込む打撃を見せた。6月には石司晃一を再三のアッパーで苦しめ判定勝ちをもぎ取り、RIZIN参戦をアピールした。

 1R、白川の右ストレートをよけた拍子に転倒した大塚へ覆いかぶさるように襲い掛かる白川。大塚も自ら組みに行き、白川のバックを取る。左手で白川の首を取る体勢になった瞬間、白川が苦悶の表情を浮かべ何かをアピールすると突如試合が終了。白川の右肩が外れてしまったため、負傷による大塚のTKO勝利となった。

消化不良の大塚は白川との再戦を要求し、さらにRIZIN四天王へ「全員ぶっ倒してやる」と宣戦布告

 結果として瞬殺KOとなった大塚はマイクを握ると「納得いってないというか。僕との衝突で外れたかもしれないけど、僕がこの試合のためにハードな練習を積んできたので、もう一度やりたいですね。白川選手、いい選手でいい試合できると思うので、やりたいです。」と白川との再戦をアピール。その勢いでRIZINに話題を移すと「RIZINはバンタム級四天王とかふざけた名前つけてるけど、俺を忘れてるんじゃねえぞと。全員ぶっ倒してやる!」と、盛り上がりを見せるRIZINバンタム級への大胆な宣戦布告を見せた。

▶︎次ページは安西信昌vs佐藤洋一郎、藤田大和vs伊藤裕樹

●編集部オススメ

・メインの大塚隆史が計量に大幅遅刻でパス=全選手計量結果

・2年ぶり復帰の安西が勝利の雄叫び=2017年9月

・那須川が因縁の相手・藤田を87秒でKO葬=2017年12月

・富松恵美がベテランの技術見せ、女子大生ファイター・古瀬美月に勝利=2019年6月

・青野ひかるが計量クリアでWピース、寝技で一本勝ち宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧