TOP > 試合結果 一覧

【UFC】佐藤天が無念のタップ負け、無敗のバエザに肩固めを極められる(動画あり)

2020/11/29(日)UP

佐藤(右)が無念の一本負け(getty/Zuffa LLC/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス15』
2020年11月29日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼ウェルター級
〇ミゲル・バエザ(米国)
一本 2R 4分28秒 ※肩固め
●佐藤 天(日本)

顔から出血しながらもパンチを繰り出す佐藤(getty/Zuffa LLC/UFC)

 佐藤は専修大学柔道部出身で、長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.Aに入門し13年10月プロデビュー。パンクラスを中心に戦い続け、昨年4月UFCに参戦すると2R TKOで白星デビュー。しかし9月には3Rチョークで一本負けを喫した。
 今年6月には新型コロナウイルスの影響で対戦相手が三転四転した末に1R48秒TKO勝利。UFC参戦の日本人ファイターとしては史上最短勝利となった。戦績は16勝3敗で、勝ち星のうち11勝がKO・TKOと強打を誇る。現在UFC戦績2勝1敗で今回が契約の最終戦。UFC勝ち越しを決め、契約更新に繋げたい。

 対するバエザはMMA無敗のまま昨年6月コンテンダーシリーズ(UFCの有望ファイター発掘企画)の勝利を経てUFCと契約。同年10月にKOデビューを果たすと、今年5月にはUFC7連勝の記録を持つマット・ブラウンに逆転KOで勝利した。戦績は9戦9勝(7KO)のこちらも強打者でストレートやカーフキックを得意とする。柔術も黒帯を持つ。

 1R、オーソドックスでリーチ&身長で上回るバエザに対し、佐藤はサウスポーでステップを踏む。マット中央に立ち佐藤はプレッシャーを発していく。これを遠ざけんとバエザはミドルと前蹴りをボディに放つ。そしてここから徐々に前へ出て来る。だが佐藤も下がらず、中央に立ち続ける。しかし四つの組み合いからバエザの放ったヒザがローブローとなってしまい、佐藤にインターバルが与えられる。
 再開するとバエザは首相撲でとらえてヒザで佐藤を攻め、右ストレートも印象よく当てる。

バエザの左ストレート(getty/Zuffa LLC/UFC)

 2R、バエザは右ミドルを当て、続いて右スーパーマンパンチ。バエザは右の蹴りをハイ、ミドルと蹴り分けて自身の距離を掴む。佐藤もボディストレート、左ミドルを返す。バエザはボディストレートを数発入れた後でタックルに出て佐藤をリフトしテイクダウン。背後についてチョークを狙い、佐藤が体を横にすると肩固め。ディフェンスせんとしたものの、バエザが極め切り佐藤がタップして勝利した。

▶︎次ページは、佐藤が無念のタップシーン!バエザに肩固めで敗れる

●編集部オススメ

・UFC3勝目を狙う佐藤天が計量パス「楽しみです、勝ちます!」=11.28ラスベガス

・【UFC】絶対王者ヌルマゴメドフが緊急会見を発表、引退撤回か、それとも新ビジネスか

・【UFC】“遺恨リマッチ”マクレガーvsポイエー決定が正式発表「今回は別の展開になる」とマクレガー敗北の声も

・【RIZIN】朝倉未来の表情に勝敗の明暗、激闘の大阪大会“舞台裏映像”が公開

・【ボクシング】タイソンのボディブローが効いた! ジョーンズは思い通り試合ができず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧