TOP > ニュース 一覧

【UFC】“遺恨リマッチ”マクレガーvsポイエー決定が正式発表「今回は別の展開になる」とマクレガー敗北の声も

2020/11/24(火)UP

マクレガーの復帰が正式に決定!2021年1月24日『UFC257』でポワリエと再戦(UFC公式ツイッターより)

 2021年1月23日(土・現地時間)に開催される『UFC 257』にて、元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)と元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=米国)のライト級ワンマッチを実施すると、UFC公式SNSで正式発表された。

 両者は2014年9月の『UFC178』のフェザー級ワンマッチで対戦。戦前の激しいトラッシュトークが話題となり注目を集めたが、マクレガーが1R1分14秒のTKO勝利を収めた。今回はライト級に階級を上げての再戦となる。
 両者の対戦は当初、マクレガーの呼びかけでUFCとは関係なく、12月12日にアイルランドでの慈善試合として行われる計画があり、ポイエーもSNS上で合意していたようだが、ダナ・ホワイト社長がUFCでのマッチメイクとして両者にオファーしたとされている。

セローニにわずか40秒でTKO勝利するマクレガー=今年1月

 マクレガーは今年1月にドナルド・セラーニ(米国)と対戦し、1R40秒の秒殺劇を披露。2018年に敗れた王者ヌルマゴメドフとの再戦が期待されたが、今年6月に自身のSNSにて3度目の現役引退を表明していた。

 一方のポイエーはマクレガーとの屈辱的な敗戦から強豪を相手に勝ち星を重ね、昨年4月の『UFC236』で行われたライト級暫定王座決定戦でマックス・ホロウェイ(米国)を下し、暫定王者に。
 同9月に正規王者のハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)との王座統一戦で敗れたものの、世界トップクラスの実力を失わずにいる。

ホロウェイの側頭部に強烈フックをぶち込むポイエー=昨年4月

 兼ねてから報じられていた今回の対戦カードを正式発表したUFCの公式ツイートに多くのファンがコメント。「マクレガーが前回よりもっと早くKOする」「1月23日はダスティンが4RでKOされる日」「勝負はついてるはず」とマクレガーの連勝を信じて疑わないものや、「これまでの間お互いかなりの変化があったから、試合は別の展開になるだろう」「ダスティンは前回の対戦から大きく進化した」と、ポイエーのリベンジに期待する声も上がっている。

 お互いを嫌い合っている両者が6年以上の歳月を経て再び激突。123日の“遺恨リマッチ”の決着はいかに。

▶︎次ページは、マクレガーvsポイエー 6年前の“緊迫”フェイスオフ映像、仲裁するホワイト社長が必死の表情

●編集部オススメ

・【UFC】マクレガーvsポイエーが正式決定「信じられないほど多くの武器を用意してる」(マクレガー)

・メイウェザーとマクレガーが会見で乱闘寸前「今ここでやってやる!」

・「パッキャオvsマクレガー」がボクシングで来年対戦へ、マクレガーが練習映像を公開

・マクレガーがマフィアに命を狙われる、海外複数メディアが報じる

・タイソンのパンチが劇的に進化、コーチするPRIDE王者ヴァンダレイ&ショーグン“育ての親”「タイソンは“戦いの歴史”そのもの」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧