TOP > ニュース 一覧

UFC3勝目を狙う佐藤天が計量パス「楽しみです、勝ちます!」=11.28ラスベガス

2020/11/28(土)UP

秒殺KO勝利を飾った佐藤(写真は19年9月ベラル・ムハマッド戦)(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC

 11月28日(日・日本時間)に米ネバダ州ラスベガス・UFC APEXで開催される『UFC FIGHT NIGHT』の前日計量が27日に行われ、ウェルター級(-171lbs)ワンマッチで対戦する佐藤天(30=TRIBE TOKYO M.M.A)が170lbs(77.11kg)で、対戦相手のミゲル・バエザ(28=米国)が171lbs(77.56kg)で、共にパスした。

 また、メインイベントに出場する予定だったカーティス・ブレイズ(米国)が新型コロナウィルスの陽性反応が検出。これに伴い、急きょ繰り上げりで、佐藤の試合がセミメインに昇格した。

佐藤天(右)が9戦無敗のバエザと激突©️UFC

 佐藤のマネージャーを務めるシュウヒラタ氏が投稿した映像では、試合がセミに昇格したことを受けて、佐藤が「楽しみです、勝ちます!」と、強く自信を込めた表情で語っている。

 佐藤は専修大学柔道部出身で、長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.Aに入門し13年10月にプロデビュー。パンクラスを中心に戦い続け、昨年4月にUFCに参戦し初戦で2R TKO勝利でデビュー。しかし9月には3Rチョークで一本負けを喫した。
 今年6月には新型コロナウイルスの影響で対戦相手が三転四転した末に1R48秒TKO勝利。UFC参戦の日本人UFCファイターとしては史上最短勝利となった。戦績は16勝3敗で、勝ち星のうち11勝がKO・TKOという強打者だ。

 対するバエザはMMA無敗のまま、昨年6月コンテンダーシリーズ(UFCの有望ファイター発掘企画)の勝利を経てUFCと契約。同年10月にKOデビューを果たすと、今年5月にはUFC7連勝の記録を持つマット・ブラウンに逆転KO勝利した。
 戦績は99勝(7KO)の強打者でストレートやカーフキックを得意とする。

▶︎次ページは、佐藤とバエザの公開計量・フェイスオフの様子

●編集部オススメ

・【UFC】佐藤天の4戦目は、9戦無敗・KO率77%のミゲル・バエザに決定=11.28

・佐藤天の秒殺TKO勝利に、UFC王者らも驚きの声「これが日本男児パワー!」

・【UFC】引退宣言した絶対王者ヌルマゴメドフが復帰か、意味深発言に世界中のファンが期待

・【UFC】“遺恨リマッチ”マクレガーvsポイエー決定が正式発表「今回は別の展開になる」とマクレガー敗北の声も

・UFCデビュー戦で快勝した村田夏南子、世界最強の“ヌルマゴメドフを思い出させる”と元世界王者ビスピンが大絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧