TOP > 試合結果 一覧

【ホーストカップ】王者・匡志YAMATOがタイトル戦勝利も500gオーバーで王座は空位に、溝口孝湖は初防衛

2020/12/31(木)UP

勝ち名乗りを受ける匡志YAMATO(右)

アーネストホーストジムJAPAN
『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA 8 NIGHT FIGHT』 
2020年12月27日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

 例年外国人選手を招聘してきた今大会だが、今回は新型コロナの影響により国内在住選手のみの出場で開催。会場でも感染対策を徹底して大会が運営された。オープニングセレモニーでは土居龍晴代表による挨拶の他、アーネスト・ホーストによる日本語のビデオメッセージがスクリーンに映され「コロナの問題は世界でも大きな問題ですが、私たちはコロナの問題とファイトします。お願いします。オス!」とコロナと戦う決意が語られた。

▼【トリプルメインイベント】HOOST CUP日本EXミドル級タイトルマッチ 3分3R(延長2R)
〇匡志YAMATO(大和ジム/王者/NJKFSウェルター級王者)
判定2-0 ※29-28、29-28、29-29
●小原俊之(キング・ムエ/J-NETWORKミドル級3位)
※匡志YAMATOは計量で500gオーバー。減点1、グローブハンデ(匡志10オンス、小原8オンス)の状態でスタート。

ローキックを蹴る匡志

 昼夜興行、昼の部のトリを飾るのはヒジありで行われるEXルールのミドル級王座戦。王者の匡志YAMATOはNJKFスーパーウェルター級王者でもあり、昨年12月大会でチューチャイ・ハーデスワークアウトジムを下してHOOST CUPのベルトを手にし二冠王となった。

 対する小原俊之は国内ムエタイジムのエリート集団、福田海斗を介する「キング・ムエ」所属。183㎝の長身から繰り出されるヒザ、ヒジを武器にし、前戦では11月のREBELSで第5回Air KBZミャンマーラウェイ75kg級世界王者の渡慶次幸平を相手にヒジでTKO勝利を挙げている。

ヒジを狙う小原(右)

 両選手は5年前の新人時代に「HOOST CUP KINGS NAGOYA」にて対戦し、小原が判定2-0で勝利。王者となった匡志はリベンジと防衛を、小原は再び勝利してベルト獲得を狙う。

 1R、オーソドックスの匡志とサウスポーの小原。匡志がインローから入りミドルを蹴ると、小原は匡志のミドルをキャッチしてミドルを返す。左ミドル中心に試合を組み立てる小原に、匡志はその打ち終わりにローを返す。詰めるのは匡志、縦ヒジ、右ストレートを飛ばす。

 2R、小原はミドル、匡志はローの蹴り合い。首相撲の離れ際に左の縦ヒジは小原、さらに左ストレートも飛ばし、距離が詰まると縦ヒジを狙う。匡志もジャブからロー、左ストレートを当てる。

出場選手らの集合写真

 3R、ゴングと共にすぐ前へ出る両者。小原の左ミドルに合わせてワンツーの匡志。首相撲の展開が多くなり、互いに太ももへヒザ。匡志がプレッシャーを掛けワンツー、左フックを当てるも小原はミドルを返し、縦ヒジで飛び込む。ガムシャラに前へ出る匡志に小原は押されながらも前蹴り、左ストレートを返す。判定は2-0で匡志。勝利したものの王者・匡志の体重オーバーにより王座は空位に。マイクを渡された匡志は謝罪の言葉を述べ「また1から這い上がっていきます」と勝ちながら再起を誓った。


洋輔YAMATO(右)が確かな技術を見せて判定勝利

▼【トリプルメインイベント】EXルール68Kg契約3分3R(延長1R)68kg契約 EXルール3分3R(延長1R)
〇洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●蛇鬼将矢(NKBテツジム/NKBウェルター級王者)

ローキックで攻める洋輔

 異なる団体の現役チャンピオン同士の対決はHOOST CUPならではの一戦。洋輔YAMATOはこれまで何度もHOOST CUPに参戦し、今年10月の大阪大会で佐野克海との王座決定戦を制しNJKFウェルター級王座を獲得。

 対するはHOOST CUP初参戦の蛇鬼将矢。こちらも10月に稲葉裕哉に勝利しNKBウェルター級王者になったばかり。パンチの蛇鬼将矢、蹴りの洋輔YAMATOという対照的なスタイルの両者。王者のプライドをかけた一戦はどちらに軍配が上がるのか。

 1R、互いにローを何度も交錯させる。ブラジリアンキックや掛け蹴りなど変則的なキックを見せる蛇鬼。洋輔は右ローを何度も当てる、コツコツとローを積み重ねる洋輔がプレッシャーを掛けていく。

飛びヒザを繰り出す蛇鬼

 2R、ジャブとローで攻める洋輔、速いローの4連打に会場が沸く。蛇鬼は洋輔のローに右を合わせようとする。首相撲の展開になると右のヒジも見せる蛇鬼、洋輔のジャブが何度も顔面を捉え蛇鬼は鼻から出血する。

 3R、互いにジャブも前に出るのは洋輔。劣勢の蛇鬼は逆転を狙い飛びヒザから前に出てロープに詰める。しかし洋輔は前に出てくる蛇鬼をさばきながらロー、パンチを当てる。さらに左右フックからボディのコンビネーション。蛇鬼はバックブローや大振りの右を放つが洋輔のボディから返しの右フックをもらい棒立ちとなる場面も。判定は3-0で洋輔。確かな技術を見せた洋輔が現役王者対決を制した。

▶次ページは溝口孝湖vs超弁慶、その他試合結果

●編集部オススメ

・大石駿介がダウン奪われるも熱戦ドロー、ピンサヤームが新王者に、小川翔が健太に勝利し王座防衛=夜の部

・【ボクシング】田中恒成が計量で過去最高のマッスル度、井岡戦に「明日 人生懸けて戦います」=12.31

・【RIZIN】五味隆典は一発パスで「さすがプロだな」皇治は100gオーバー再計量パスで「後は思いっきり殴り合うだけ」

・緑川創がヒジ有りルールで再起を誓う「来年は全て取り返す」=2.24 NO KICK NO LIFE

・【ホーストカップ】ミス・ユニバース特別賞の美女がラウンドガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧