TOP > 試合結果 一覧

【ホーストカップ】大石駿介がダウン奪われるも熱戦ドロー、ピンサヤームが新王者に、小川翔が健太に勝利し王座防衛

2020/12/31(木)UP

大石(右)がチャーチャイ相手に判定ドローへ持ち込んだ

アーネストホーストジムJAPAN
『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA 8 NIGHT FIGHT』
2020年12月27日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

トリプルメインに出場した(左から)ピンサヤーム、大石、小川

 今大会は昼夜2部制で開催され、夜の部では昼の部と同じくトリプルメインイベントが組まれ、2試合でHOOST CUPのベルトが争われた。

 大トリには地元名古屋の雄・大石駿介が登場、ノンタイトル戦ながら元ルンピニースタジアムランカーの在日タイ人、マキ・チャーチャイと国際戦を行った。

▼【トリプルメインイベント】ISKA認定試合 ISKAムエタイルール 63.5kg契約3分3R延長1R
△大石駿介(OISHI GYM/ISKAムエタイ世界Sライト級王者)
ドロー 判定1-0 ※48-46(チャーチャイ)、47-47、47-47
△マキ・チャーチャイ(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアムSバンタム級3位)

強烈なヒジを見舞うチャーチャイ

 今大会もHOOST CUP名古屋大会のメインを締めるのは、地元名古屋の大石駿介。強烈なパンチを武器に、2018年から3大会連続でメインイベントで外国人選手と対戦し勝利を挙げてきた。今やHOOST CUPを背負う存在となった大石に立ち向かうのは、同じく名古屋を拠点とする在日タイ人選手で、ムエタイの殿堂ルンピニースタジアムの元ランカー、マキ・チャーチャイ。

 本来は大石の保持するISKA王座を懸けた試合を組むはずだったが、コロナの影響もありマッチメイクが難航。ISKAとの協議の結果、認定試合を行うこととなり対戦相手に手を挙げたチャーチャイとの一戦が決定した。

 1R、いきなり手を伸ばし組んで行くチャーチャイ、声を上げながらボディへヒザを打っていく。距離を測るように軽い前蹴りを飛ばすチャーチャイ。大石はそこにジャブ、ストレートを合わせる。チャーチャイの蹴り足を大石がキャッチしてこかす場面も。大石はじりじりとプレッシャーをかけてロー、右ストレートを飛ばす。

 2R、ミドル、ハイと蹴り中心のチャーチャイに大石はボディ、アッパーとパンチも織り交ぜて返す。チャーチャイの蹴りがローブローとなり一時中断。口頭で注意が与えられる。再開後、チャーチャイが首相撲から右ヒジを当てると大石は顔をしかめる。ブレイクとなるもチャーチャイはさらに組み付きロープ際でテンカオ、ヒジを乱れ打ち。すると左ヒジが顔面にヒットし大石がダウン。立ち上がった後、下がる大石をチャーチャイは詰めてなおもヒザ、ヒジ。大石は詰められながらも左ボディ、右ストレートで応戦する。

ハイキックを繰り出す大石

 3R、左ボディを当てる大石、しかしチャーチャイは効いてないというように首を振りヒジを返す。大石のボディが音を立てて何度も当たるがチャーチャイの前進は止まらない。大石も首相撲ではヒザを返すが常に押し込むのはチャーチャイ。右フック左ボディの大石にチャーチャイはニヤリと笑う。大石はハイキックや縦ヒジで前に出るがチャーチャイもミドルを返す。

 4R、右フックから左ボディの大石、チャーチャイは首相撲からヒザ、そして離れ際にヒジ、徹底してボディ狙いの大石は、パンチでロープに詰めるもチャーチャイは決定打を許さない。チャーチャイは前蹴りも大石はそれをキャッチしてストレート。ラウンドが終わると笑顔のチャーチャイは応援団に両手を挙げて勝利をアピール。

出場選手らの集合写真

 最終5ラウンドも大石がロープに詰めて強烈なボディを当てる、チャーチャイはやや流しに入ったか組み付きを多用、ガッチリと腕をロックして追撃を許さない。組みにくるチャーチャイを振りほどこうとする大石。縦ヒジや跳びヒザも見せる。終盤、右ストレートを狙う大石だがチャーチャイは上手く距離を取り当てさせない。決定打を許さないまま試合終了となった。判定はジャッジ一人がチャーチャイにつけたが残り二人はドロー。まさかのダウンを奪われた大石だったが、後半挽回して何とか王者の面目を保った。
 終始笑顔だったチャーチャイの明るさもあってか、試合は真剣勝負ながら楽しさもある雰囲気に。試合後、両者は笑顔で抱き合った。


ピンサヤーム(左)が2度のダウンを奪い勝利

▼【トリプルメインイベント】HOOST CUP日本ライト級王座決定戦(60Kg契約3分3R延長2R)
〇マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアム2冠王、元MA日本フェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも30-26
●久井淳平(多田ジム/JAPAN KICK INNOVATIONスーパーフェザー級王者)
※ピンサヤームが新王者に

パンチを叩き込むピンサヤーム

 2カ月前に激闘を繰り広げたばかりの両者がタイトルを懸けて再戦。前王者、中嶋平八の長期間の怪我によるタイトル返上に伴い、実現した今回の一戦。マキ・ピンサヤームはムエタイの殿堂ルンピニーで2階級制覇を達成し、日本では数々の選手を破ってきた“日本人キラー”としても知られる。

 久井淳平はJAPAN KICK INNOVATIONスーパーフェザー級王者を持ち、10月大会でピンサヤームと対戦した際は圧倒的不利な下馬評ながら、ジャブやふくらはぎを蹴るカーフキックなどでピンサヤームを苦しめ、判定で敗れながら大きな印象を残した。

 ヒジありだった前回のEXルールとは異なり、今回はヒジなしで、クリンチからの攻撃も一回のみのワンキャッチ・ワンアタックルール。ベルトを懸けての再戦は、果たしてどのような展開となるのか。

 1R、互いにゆったりとしたリズムから久井は前蹴り、ロー。ピンサヤームはじっくりと見ながら、強いミドル、ハイ、ストレートを飛ばす。ピンサヤームはローからボディ、フックを当てる、久井は得意のカーフキックを飛ばしつつ、ボディストレートも当てる。

 2R、久井は右ボディや左ストレートを強振。対するピンサヤームは右ロー。久井はスイッチを繰り返しながら左右のストレートやカーフキックを当てるが、ピンサヤームはプレッシャーを強めて久井をロープに詰めインロー、さらに右フック、左ストレートとパンチもヒットさせる。

 3R、互いにインローから、近い距離でフックの打ち合いになる。するとピンサヤームの左フックで久井がダウン。立ち上がった久井にピンサヤームは右ハイ、さらに右フックでぐらつかせて連打を浴びせる。久井もなんとか踏ん張りミドルを放つがピンサヤームは蹴り足をつかんで右ストレートで2度目のダウンを奪う。
 再び久井が立つとピンサヤームはもう無理に攻め込まない。久井は組みになると簡単に振りほどかれ体に力が入っていない様子。逆転を狙い打ち合いに出た久井にピンサヤームはパンチ、ハイキックを返す。試合は判定となり、2度のダウンを奪ったピンサヤームが大差で勝利。“日本人キラー”の実力を見せつけHOOST CUPのベルトを手にした。

▶次ページは小川翔vs健太、その他試合結果

●編集部オススメ

・王者・匡志YAMATOがタイトル戦勝利も500gオーバーで王座は空位に、溝口孝湖は初防衛=夜の部

・【ボクシング】田中恒成が計量で過去最高のマッスル度、井岡戦に「明日 人生懸けて戦います」=12.31

・【RIZIN】五味隆典は一発パスで「さすがプロだな」皇治は100gオーバー再計量パスで「後は思いっきり殴り合うだけ」

・【K-1】無敗の元ボクシング世界王者 山田真子、”人気で可愛いMIOに実力で勝つ”

・【RIZIN】シバターが未発表の対戦相手「X」を大予想、桜井マッハや海外有名格闘家の名前も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧