TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】フックかと思ったらボディーブロー、ガルシアKO勝利でカネロと歓喜

2021/01/03(日)UP

暫定王座を奪取したガルシア(右)が、カネロと共に歓喜(C)DAZN

 2021年1月3日(日・日本時間)米カリフォルニアにて『WBC世界ライト級暫定王座決定戦』が開催され、ライアン・ガルシア(22=米)とルーク・キャンベル(33=英)が、WBC暫定王座と正規王者デビン・ヘイニーへの指名挑戦権をかけて対戦、7R1分58秒、KOでガルシアが勝利し暫定王座を獲得した。

 ガルシアはデビューから20戦無敗(17KO)の大注目の若手。現在4連続KO勝利中で、ここ2戦は1Rでフィニッシュしている。

 キャンベルは12年ロンドン五輪のボクシングバンタム級で金メダルを獲得後、13年7月にプロデビュー。ホルヘ・リナレス(ベネズエラ=帝拳)戦、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)戦に続いて3度目の世界挑戦。昨年8月31日のWBCのライト級王座決定戦ではロマチェンコ(ウクライナ)と五輪金メダル対決と話題となったが、判定で敗れ再び王座を目指す。

 1Rから、ガルシアは圧力をかけキャンベルをコーナーに追い詰める。キャンベルはじっくりガルシアの動きを見る。しかし圧力をかけながらもカウンターを放ち、更に手数を出すガルシアに、キャンベルは押され気味だ。

 しかし2R、キャンベルの左フックでガルシアがキャリア初のダウンを喫する。一進一退の中、5Rには左フックから右ボディブローなどガルシアはボディを攻め始める。連打からボディブローを放つと観客は沸く。ラウンド終了間近にガルシアが左フックでキャンベルはぐらつくが、ゴングで救われる。

顔面をガードするキャンベルに、ガルシアのボディブローが当たった瞬間(C)DAZN

 それを機に、6R、猛攻に出るガルシア。パンチの連打にキャンベルはロープを背負う。攻勢に出て、キャンベルもガードし耐えながら回復し反撃。
 7Rに左のパンチを打とうと振りかぶったガルシア。そこにキャンベルはガードを上げたところ、ガルシアのパンチがキャンベルのレバーにクリーンヒット。キャンベルは悶絶しリングに崩れ落ちた。10カウントで立てず、ガルシアのKO勝ちとなった。

 メキシコ系アメリカ人のガルシアは、リングサイドで見守っていた4階級制覇王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)とリング上で抱き合った。

 ガルシアはこの勝利で21勝0敗(18KO)となり、5連続KO勝利を記録した。そしてWBCライト級王者デビン・ヘイニーへの挑戦権を獲得した。

☆この試合の動画はDAZNで見逃し配信中!DAZN登録はこちら(1ヶ月無料)

●編集部オススメ

・【テレビ】見逃し配信あり、ガルシアvsキャンベル、ボクシング暫定王座戦の放送、配信情報=1.3

・カネロがスミスに圧勝し王座統一「次はベストな選手と」ゴロフキンか、村田諒太か

・【ボクシング】田中恒成「課題は明確 ”基本” 次へ」内山高志も井岡との基本の差を語る【ボクシング】田中恒成「課題は明確 ”基本” 次へ」内山高志も井岡との基本の差を語る

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧