TOP > 試合結果 一覧

痛すぎるカーフキックKO!プロデビューの女子選手を襲った悲劇=海外MMA

2021/04/05(月)UP

悶絶のカーフキックKO!(UFC FIGHT PASS公式SNSより)

 4月2日(金・現地時間)に米ペンシルバニア州フィラデルフィアで開催された総合格闘技(MMA)イベント『Cage Fury Fighting Championship 95』で、激痛のカーフキックKO劇が起きた。

 ストロー級マッチで行われたヒラリー・ローズ(米国)vsアランナ・アーネット(米国)の一戦。
 ローズは昨年8月のUFC登竜門イベント「ダナ・ホワイト・コンテンダー・シリーズ」に挑戦するも、判定負けで失敗。しかし、それまでは4連勝と波に乗る注目の若手女子選手だ。
 対するアーネットはブラジリアン柔術茶帯の実力とアマ3勝1敗の成績で今回がプロデビュー戦。

 試合は1Rからローズがアーネットを打撃で圧倒。ミドルキック、ヒザ蹴り、肘打ちなどアーネットにダメージを与えていく。
 2R、ローズの踏み込んだ右のカーフキックが、アーネットの左ふくらはぎを直撃。蹴られた脚が大きく流れてしまい、アーネットは態勢を立て直すが、ローズがさらに強烈な2発目のカーフキック!これは脚が流れず、アーネットは苦悶の表情。そしてローズが3発目のカーフ をたたき込むと、アーネットはたまらずダウンし、仰向けになりながら両足を上げての“降参”状態。ローズがアーネットの痛めた左脚に蹴りを連発したところで、レフリーが試合を止めた。アーネットは手痛いプロデビュー戦となった。

 今年は特にカーフキックが流行しており、女子選手の間でもカーフの使い手が多く出始めている。敗れたアーネットはカーフのダメージで1週間くらいは歩くのもままならない状態だと思うが、この痛くて悔しい経験から、次戦はカーフの使い手として戻ってくるかもしれない。

▶︎次ページ(動画あり)は、痛すぎるカーフキックKO!受けた女子選手が苦悶

●編集部オススメ

・衝撃の“完全失神”バックスピンキックKO!「何回再生して見たかわからない、最高に美しい」と驚嘆の声(動画あり)

・スロバキア美女ムエタイ王者、わずか90秒のハイキック秒殺KO!相手は前のめり倒れ完全失神(動画あり)

・英国で起きた悲劇のKO負け!叫びながら42発の怒涛の攻撃も、相手の1発で水の泡(動画あり)

・90kg超の巨漢が舞う戦慄の48秒“竜巻旋風脚”KO劇!「相手が壊されてる!」と驚愕の声(動画あり)

・“ポールダンス”美女ファイターが怒涛のラッシュで“37秒”秒殺KO勝利!勝利の後は歓喜のダンス(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧