TOP > 試合結果 一覧

【EXECUTIVE FIGHT】ミノワマン、小比類巻にカーフ蹴られるも「対策はしている!」パワーUPでスダリオへ再戦希望

2021/04/17(土)UP

ミノワマン(左)と小比類巻貴之がキックボクシングのエキシビションで対戦した

パンチを放つ小比類巻

 4月16日(金)東京・八芳園にて行われた経営者らが参戦するエグゼクティブ向け格闘技イベント『EXECUTIVE FIGHT  武士道~無限~2021』にて、K-1で活躍した小比類巻貴之(43)とミノワマン(45)がキックボクシングのエキシビションで対戦した。

 小比類巻は12年3月のリングス以来、9年ぶりのリング。
 2Rで行われたこの1戦は1Rからミノワマンがドロップキックで小比類巻を吹っ飛ばし沸かす。そして足関節を狙いに行くミノワマンにレフェリーの桜木裕司から「キックボクシングルールで」と注意が入る。立ち上がると小比類巻は現役さながらの鋭いハイキックを見せ会場を沸かせる。

カーフを蹴る小比類巻

 2Rには小比類巻は「カーフ行くよ」と予告しミノワマンに右カーフキックを蹴り込むと”バシッ”と音が響いた。
 小比類巻の膝蹴にそのまま抱え込みテイクダウンを奪いグラップリング攻めに行くミノワマンに再び注意。最後はパンチの打ち合いを演じ試合終了となった。

 試合後のマイクで小比類巻は「カーフ狙った。前回(RIZINでのスダリオ剛戦)の試合を見て。でも足蹴ったら固かった。効いた?」と言うと、ミノワマンは「少し危なかった」と笑いながら言うが

ミノワマンは反則のテイクダウンを奪う

「でも足にレガース(プロテクター)つけてるので。でもカーフキック対策はしてますので大丈夫です。次の試合は決まってないけど、僕はいつでもどんな相手でも大丈夫。また身体を大きくしてスーパーヘビーで戦える体を作って、もう一回スーパーヘビー級と戦いたいと思います。」と超人ミノワマン節が炸裂した。

 試合後、小比類巻はミノワマンのどこを蹴っても固かったと言っており、ミノワマンがリベンジに向け鍛えまくっている身体を評価した。

マイクで、スダリオとの再戦を希望したミノワマン

 ミノワマンは昨年大みそか『RIZIN.26』の第1試合で元大相撲のスダリオ剛が放ったふくらはぎへのカーフキック4発で倒れ、パウンド連打でTKO負けを喫していたがリベンジに燃え毎日トレーニングに励んでいるとも聞く。

 対策は立てたと言うが、再戦が実現すればカーフキックを封じ、得意の足関節に持っていけるのか。

 本日17日、ミノワマンはスダリオ剛と対戦を望むストラッサー起一(39=総合格闘技道場コブラ会)と話をしたと自身のSNSに投稿。そして「私もまた再戦できるように、RIZINのリングに立てるように頑張ります」と意気込みを語った。

▶︎次ページは(動画)ミノワマンvs小比類巻戦のダイジェスト

●編集部オススメ

・グラマーな52歳 中島史恵、グラビア衣装で初ラウンドガール「シェイプアップ、少し頑張った」

・元”年俸120円”Jリーガー安彦考真がKO勝ちでRIZINに絶叫ラブコール! 笹原広報「可能性ある、あとプラス何か」=EXECUTIVE FIGHT

・元光GENJI大沢樹生、次は格闘技!?「出たくなっちゃった!」

・【UFC】超接近のフェイスオフ、激怒で相手を突き飛ばし乱闘寸前に=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧