TOP > ニュース 一覧

【UFC】超接近のフェイスオフ、激怒で相手を突き飛ばし乱闘寸前に=前日計量

2021/04/17(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

顔を近づけ過ぎたフェイスオフ!スティーブンス(左)とクロース(右)が前哨戦の小競り合い(©Getty Images/UFC)

 4月18日(日・日本時間)米国ラスベガスで開催される『UFCファイトナイト・ラスベガス24』の前日計量が17日に実施された。
 ライト級(-155ポンド/-70.3kg)マッチで対戦するジェレミー・スティーブンス(34=米国)とドラッカー・クロース(33=米国)がフェイスオフで、一触即発の事件が起きた。

 両者ともに156ポンド(70.76kg)で計量パス(タイトル戦以外は、全て1ポンドオーバーのみ許容範囲として認められている)した後の睨み合い。
 両者お互いに顔を近づけた中で、スティーブンスが、マスクつけ両手を後ろに組んだクロースを両手で思いっきり突き飛ばした。騒然とする会場、バランスを崩し、2メートルほどふっ飛ばされたクロース。怒りの収まらない様子でスティーブンスを睨みつけると、反撃に立ち向かうも周囲のスタッフから止められ、乱闘には至らず、その怒りを明日に預けた。

 スティーブンスは187月にジョゼ・アルドに敗れてから41無効試合と3年間近く勝ち星がない。一方のクロースは前戦となる昨年3月のベネイル・ダリウス戦でKO負けしたものの、それまでは3連勝と昇り調子だ。負けが続いているスティーブンスがそのフラストレーションを、調子の良いクロースにぶつけたのかもしれない。激闘必至の両者の対決の結末はいかに。

▶︎次ページ(動画)は、超接近のフェイスオフで、相手を突き飛ばし乱闘寸前になる映像

●編集部オススメ

・22歳の“スーパーモデル級”ロシア美女戦士がベラトールデビュー!前日計量に“白のボディコン姿”で登場=4.10

・素手ボクシング参戦のUFC美女戦士が“喉元つかむ”乱闘騒ぎ「ここはMMAじゃない」と対戦相手が激怒=前日計量

・“鬼滅カラー”赤髪の渡辺華奈が“超筋肉ボディ”で計量パス、相手の筋肉美女は“蝶の衣装”で登場

・【UFC】女子選手が計量で2度倒れ意識朦朧、試合中止に=日本でも活躍リトアニアのユリア

・【ボクシング】ジョシュアとプレフが前日計量で乱闘寸前、激しい罵り合いの内容とは=ヘビー級タイトル戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧