TOP > 試合結果 一覧

【DEEP KICK】拳剛が麻太郎にTKO勝利で初防衛成功「このベルトを守り続けます!」

2021/04/18(日)UP

龍威地(左)が勝利し、-70kgトーナメント決勝へ進出

▼第5試合 DEEP☆KICK-70kg挑戦者決定トーナメント準決勝 3分3R 延長1R
◯龍威地(NJKF ARENA)
KO 2R 2分6秒
●CHERRYBOY和也(BKジム)
※龍威地が-70kg挑戦者決定トーナメント決勝に進出

 DEEP☆KICK-70kg王者の籔中謙佑 (KUMA GYM)への挑戦権をかけた挑戦者決定トーナメント第1試合、同階級3位の龍威地とRKSウェルター級1位のCHERRYBOYが競い合う。

 1R、威力のあるパンチで攻めに出るCHERRYBOY、対する龍威地は落ち着いてガードし蹴りを返していく。目立った動きはないまま2R、互いにギアを上げていくとパンチで打ち合う最中、龍威地が強烈な左フックをヒットさせダウンを奪う、CHERRYBOYも起き上がるが10カウント内に続行の意思を見せることができず、龍威地のKO勝ちとなった。

 これで挑戦者決定トーナメントの1人目が龍威地に決定し、もう1人は7月4日『DEEP☆KICK 53&54』にて決まる。この激闘のトーナメントを制し、王者・藪中への挑戦権を獲得するのは誰だ?!


KING龍蔵(左)が2度のダウンを奪い、激戦を制した

▼第4試合 DEEP☆KICK-55kg契約 3分3R
◯KING龍蔵(ロイヤルキングス)
判定3-0 ※30-26、30-25、30-26
●長谷川英翔(誠剛館)

 同い年対決となったこの試合、1R開始直後から長谷川が猛攻を見せ早くも流れを掴むかと思われた時、KING龍蔵のバックハンドブローが長谷川にクリーンヒット、攻めから一転まさかのダウンを奪われる展開となる。その後再びパンチで攻め入ろうとするも今度はストレートでKING龍蔵が2度目のダウンを奪取。

 2Rも攻めに出る長谷川だがKING龍蔵の固いガードを打ち崩せないまま終わってしまう。

 3R、後がない長谷川は手数を増やしていくが、KING龍蔵のガードは崩せない。KING龍蔵はガードからの攻めを確実にヒットさせていき結果、3-0の判定勝ちを収め、今大会のベストバウトとも呼べる激しい戦いに会場からは大きな拍手が両者に送られた。共にまだ10代、まだまだ将来の伸びしろが期待されるホープなだけに今後も期待だ。


乱打戦が繰り広げられた

▼第3試合 ミネルヴァ-48.5kg契約 2分3R
△花田麻衣(GROUND CORE)
判定0-1 ※29-29、29-30、29-29
△AYA(BRA-FREY)

 今大会の花、女性の美しくも激しい試合が幕を開けた。1R、共にパンチからの蹴りなどコンビネーションを多彩に使う攻防を繰り広げていくと2R、AYAがパンチで前に出ていき花田麻衣を苦しめる。2R終了時点での途中経過は0-2でAYAが優勢。

 3R、花田は得意の乱打戦に持ち込んでいきAYAも応戦、試合終了まで打ち合いは続いた。結果、女性のプライドをかけた殴り合いは0-1のドローで決着となった。

●編集部オススメ

・(同日昼・DEEP☆KICK 51)山畑雄摩、大石健作との因縁対決制し初防衛「次はRISEやRIZINに出場しビッグな選手になる」

・【DEEP KICK】拳剛が内藤凌太からベルト奪取、百花がV2成功、聖愛は高校生チャンピオンに

・グラマーな52歳 中島史恵、グラビア衣装で初ラウンドガール「シェイプアップ、少し頑張った」

・【ムエローク】伊藤紗弥vsAyakaがBOM初の女子王座戦に!伊藤「ムエタイの怖さを知る」Ayaka「腹鍛えておけよ」=4.25

・【RISE】志朗vs大﨑一貴が決定、志朗は”勝ちパターン”確立、大﨑は「倒せる技を練習中」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧