TOP > 試合結果 一覧

【UFC】元ミドル級王者ウィテカーがフルマークの完勝、伝統派空手の攻撃でガステラムを一蹴

2021/04/18(日)UP

ガステラムに完勝したウィテカー(左)(©Getty Images/UFC)

WME-IMG
『UFCファイトナイト・ラスベガス24』
2021418日(日・日本時間)米ネバダ州ラスベガス/UFC APEX

▼ミドル級マッチ
○ロバート・ウィテカー(ニュージーランド)
判定3-0 ※三者ともに50-45
●ケルヴィン・ガステラム(アメリカ)

反撃に転じるガステラム(左)(©Getty Images/UFC)

 今大会のメインイベントで、元ミドル級王者で現ランキング1位のロバート・ウィテカー(ニュージーランド)が、185.5ポンド(84.14kg)と、同ランク8位のケルヴィン・ガステラム(米国)が激突。

 剛柔流空手をベースにするウィテカーは17年7月のミドル級暫定王座決定戦でヨエル・ロメロに勝利し、オーストラリア人初のUFC世界王者に。19年にイスラエル・アデサニヤと同級王座統一戦を争い、KO負けで王座陥落。しかし、昨年は2戦全勝と波に乗っている。
 対するガステラムは豪腕で知られる実力者。19年4月のアデサニヤとのミドル級暫定王座決定戦で敗れるなど3連敗していたが、今年2月にイアン・ハイニッシュを判定で下し、復活をアピールしていた。

空手の上段げりを放つウィテカー(左)(©Getty Images/UFC)

 ウィテカーとガステラムは過去、19年2月にタイトル戦を行う予定だったが、その際にウィテカーが試合当日に腸ヘルニアで欠場し中止に。2年越し未完のままの対戦の軍配は、ウィテカーか、ガステラムか。

 1R、ウィテカーがオーソドックス、ガステラムはサウスポーの構え。ウィテカーの右ハイキックがガステラムの額にヒット。ガステラムが身体ごと飛ばされる。ウィテカーがボディロックからテイクダウンに成功。ウィテカーがハーフの状態からヒジやパウンドを落とし続ける。

勝利に喜ぶウィテカー(左)(©Getty Images/UFC)

 2R、ウィテカーがもろ差しから浴びせ倒しでテイクダウンに成功もガステラムがすぐに立ち上がる。ガステラムが強い圧力をかけるが、ウィテカーが突く様な左ジャブ、右ストレートを当て、ガステラムの顔面が跳ね上がる。

 3Rと4Rは同様の展開。ウィテカーが伝統派空手の打撃でガステラムを圧倒。ワンツー、右ハイや、ガステラムの前足の膝へ関節蹴りや膝裏へのローを当てていく。

 5R、残り2分にウィテカーがシングルからテイクダウンに成功。上からパウンドを落としながら、バックポジションを取り、グラウンドコントロールでガステラムの動きを封じる。ウィテカーが三者とも50-45とフルマークの判定で完勝した。

●編集部オススメ

・【UFC】元ミドル級王者ウィテカーが無事に計量パス、ガステラムとの2年越し決着戦へ=前日計量

・【UFC】超接近のフェイスオフ、激怒で相手を突き飛ばし乱闘寸前に=前日計量

・UFCがPRIDE名勝負を公開、“火の玉ボーイ”五味の失神KO勝利&乱闘、ヴァンダレイの膝で大流血KOなど4戦

・”スーパーモデル級”ロシア美女戦士、衝撃の失神KO劇に「ベラトールに超絶ビューティーの誕生!」と僅か2日間でSNSフォロワーが6万人急増

・スロバキア美女ムエタイ王者、わずか90秒のハイキック秒殺KO!相手は前のめり倒れ完全失神

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧