TOP > ニュース 一覧

【UFC】元ミドル級王者ウィテカーが無事に計量パス、ガステラムとの2年越し決着戦へ=前日計量

2021/04/17(土)UP

2年越し決着戦へ! 激突する元ミドル級王者ウィテカー(左)とガステラム(右)(©Getty Images/UFC)

 4月18日(日・日本時間)米国ラスベガスで開催される『UFCファイトナイト・ラスベガス24』の前日計量が17日に実施された。

 メインのミドル級マッチ(-185ポンド/-83.91kg)で対戦する、元ミドル級王者で現ランキング1位のロバート・ウィテカー(ニュージーランド)が、185.5ポンド(84.14kg)で、同ランク8位のケルヴィン・ガステラム(米国)がリミットの185ポンドジャストでパスした。(タイトル戦以外は、全て1ポンドオーバーのみ許容範囲として認められている)。

 フェイスオフでは、先に入ったガステラムがステップを踏み、力強くファイティングポーズを決めながら、鋭い視線。一方のウィテカーはガステラムに歩み寄りるとゆったりと拳を固め、静かな闘志を見せた。

 剛柔流空手をベースにするウィテカーは12年にUFCに参戦。17年7月のミドル級暫定王座決定戦でヨエル・ロメロに勝利し、オーストラリア人初のUFC世界王者に輝いた。19年にイスラエル・アデサニヤと同級王座統一戦を争い、KO負けで王座陥落。しかし、昨年は2戦全勝と波に乗っている。

 対するガステラムは豪腕で知られる実力者。19年4月のアデサニヤとのミドル級暫定王座決定戦で敗れるなど3連敗していたが、今年2月にイアン・ハイニッシュを判定で下し、復活をアピールしていた。

 この対戦は、192月にタイトル戦を行う予定だったが、その際にウィテカーが試合当日に腸ヘルニアで欠場し中止に。そして今回の対戦は、当初ウィテカーの相手は同級2位のパウロ・コスタ(ブラジル)だったが、インフルエンザ感染により欠場したため、実現の運びとなった。
 2年越し未完のままの対戦の軍配は、ウィテカーか、ガステラムか。

▶︎次ページ(動画)は、ウィテカーvsガステラムの計量とバチバチのフェイスオフ

●編集部オススメ

・UFCがPRIDE名勝負を公開、“火の玉ボーイ”五味の失神KO勝利&乱闘、ヴァンダレイの膝で大流血KOなど4戦

・【UFC】再起のコスタがインフル感染で欠場、元王者ウィテカーがガステラムと激突=4.18

・【UFC】カーフキックで敗れたマクレガー、ポイエーとの“完全決着”戦でKO予告「4ラウンド目、ヤツの鼻に前蹴りを喰らわす」

・【UFC】ライトヘビー級王者ブラホビッチ、9月にテイシェイラと防衛戦が決定!

・全米人気の素手ボクシング大会に元PRIDE王者ヴァンダレイ・シウバ参戦か、元UFC美女ファイター継続参戦も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧