TOP > 試合結果 一覧

【格闘DREAMERS】平本蓮の弟・丈が足小指骨折と痺れで悔しいTKO負け、号泣の弟に兄「いつかチャンピオンになれる」

2021/05/08(土)UP

「ABEMA」にて放送中の格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』。“世界に通用するトップファイター”を目指すため番組内では200通を超える応募があり、半年間のオーディションなどを経て、現在、選び抜かれた者たち12名が残った。

 昨日5月8日には生き残りを懸けた最終戦第1弾(1〜3試合)が放送された。全8試合のうち第1試合~第4試合はチーム戦(THE RAMPAGEチームvsGENERATIONSチーム)、第5試合~第8試合はプロレベルと評価された4選手が外部から招聘した選手と対戦することとなった。最後まで勝ち抜きプロ契約を勝ち取るのは果たして誰か!?


平本(下)にパウンドを見舞う鈴木(上)

▼第1試合 63kg契約 5分3R
〇鈴木崇矢(THE RAMPAGEチーム)
TKO 2R終了時 ※レフェリーストップ
●平本丈(GENERATIONSチーム)

 K-1で活躍し、現在RIZINに参戦する平本蓮の弟、17歳の平本丈は先月から途中参加。オーディション参加メンバーとのガチ・スパーリングによる入れ替え戦で勝利し、今回の最終戦へ挑む。キックボクシング歴12年の丈は、当初キックボクサーとしてプロを目指していたが、UFCやRIZINの試合を見て、総合格闘技の魅力を感じたという。

 一方、鈴木は新極真会で空手を学び2019年にはカラテドリームフェスティバル(中3男子軽量級)で優勝、アマチュアジュニア修斗では最短KO賞も受賞している16歳。「UFCチャンピオンになって世界の格闘技界をひっくり返す男になる」とオーディションに参加した。

試合中に足を負傷したという平本は2R終了時に足を引きずって自軍に戻ると、兄の蓮(奥)が慌てて駆け寄った

 1R、お互いに蹴りで様子見の中、鈴木がタックルを仕掛けてテイクダウンに成功。平本をガッチリ抑え込んでパウンドを落とす。平本は足で突き飛ばして距離を作りたいが、鈴木は再び組み付いて抑え込む。

 2R、鈴木が左ハイ、左ストレートをクリーンヒットさせて組み付くと平本を高く持ち上げてバスターで叩き付けてパウンドで追い込んだ。平本は立ち上がるものの、左の三日月蹴りをバックステップでかわすと突然足がガクッとなり膝をつく。それでも立ち上がり、鈴木の蹴り足をつかみテイクダウンに成功。ここで終了したものの、平本はどこかのタイミングで足を捻ったか、立ち上がったときにふら付いてとても左足を引きずりとても歩ける状態ではない。平本蓮が試合をストップさせ、鈴木がTKO勝ちした。

 負けた平本は「元々足の小指が折れていて、途中から痺れて動かなくなった…でも怪我は関係ない。俺が弱かった」と語ると、兄の蓮は「人生何年あると思ってんだよ」と檄を飛ばす。しかし号泣する弟に「気にすんな。まだ始まったばっかり。いつかはチャンピオンになれるから」と励ました。

▶︎次ページは第2試合 山内渉vs安永吏成

●編集部オススメ

・平本蓮の実弟・丈が人生を変える“入れ替え戦”で快勝、チームに加入

・朝倉未来1年チャレンジメンバーが格闘DREAMERS2人に一本勝ち、敗北し、指導の髙谷「覚悟が足りなかった…イラつく」

・朝倉未来、平本蓮を評価「凄いポテンシャル、いつでもやっていい」=平本陣営・長谷川賢と対談

・メイウェザーとジェイク・ポールの乱闘、再現しパロディ化で話題=米有名インスタグラマー

・”オンライン”RIZINガール オーディション開催、最大3名選出へ=17LIVE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧